解説・考察『むらさきのスカートの女』―「語り手」を信じてよいか―

文学
スポンサーリンク

作者について

アルバイト先の事務所で「明日休んでください」と言われた日の帰り道、突然、小説を書いてみようと思いつきました

これは、作者 今村夏子の太宰治賞受賞のことばだ。

バイトをクビになり? 思いつきで書いた小説は、半年そこらで完成させてしまったという。

そして、生まれたのが『あたらしい娘』のちに『こちらあみ子』と改題され出版された。

さらに数ヶ月後、『こちらあみ子』は三島由紀夫賞も同時受賞するという快挙をなしとげる。

こうして作家今村夏子は華々しいデビューをかざり、沢山の文学ファンを魅了している。

その後、『あひる』(河合隼雄賞受賞)、『星の子』(野間文芸新人賞)と、立て続けに芥川賞の候補となり、2019年『むらさきのスカートの女』で芥川賞を受賞した。

こうして書くと、やっぱ、とんでもない経歴の作家だなと改めて思う。

ちなみに、今村夏子はあまり精力的に書くタイプではないらしく、一時期は筆をたつこともあったらしい。

そんなとき、担当の編集者は、「あなたのペースで書いてくれれば大丈夫です」と、今村夏子が再び描くまで、辛抱強く待ってくれたらしい。

このエピソードからも、今村夏子の才能がうかがえる。

読書をするなら” 耳読書 ” オーディブルがオススメ。今なら初月無料で、なんと12万冊以上が「聞き放題」!
初月無料! 退会も簡単!
オーディブルに興味がある方は【 芥川賞作家らが注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説も参考にしてみてください。

「今村作品」について

今村夏子の作品には気取った「修辞」というのが、一切ない。

  • 「暗示的・象徴的な表現」
  • 「芸術的に美しい表現」
  • 「ペダンチックで難解な表現」

そういう、まあ言ってしまえば「読者を退けてしまう表現」みたいなものは、今村作品においては全く採用されていないのだ

簡単で分かりやすい表現だし、回りくどく説明することもないし、ただ淡々と書き込んでいくだけだ。

だから、たとえば「中編小説」であれば、2時間かそこらで あっという間に読み切ることができてしまう。

にもかからず、彼女の作品は「すさまじい」

何が「すさまじい」って、その「不穏さ」「不気味さ」である。

読んでいると、心がソワソワ、いや、ザワザワしてくるのだ。

そんな作品を読み終えて本を閉じたとき、

「さあ、感想でも書こうかな」

なんて思って筆をとってみるのだが、その独特の「読後感」をうまく言葉にすることがなぜかできない

そんな経験をした読者も、きっと多いことだろう。

それも、そのはず。

なぜなら、その「不穏さ」も「不気味さ」も、今村夏子は分かりやすく言語化してはいないからだ

それらは全て行間に隠されていて、文章中に曖昧で不確かなまま、じっとりと底流しているだけなのだ。

だけど、確実に、読み手に「あるもの」を強く訴えかけてくる。

その「あるもの」とは何だろう。

おそらくそれは、「人間の不可解さ」とか、もっといえば誰もが内面に隠し持っている「狂気」とか、そういうものなのだと思う。

「書かずして、書く」

これは、おそらく多くの作家が腐心してやまないところだと思うのだが、今村夏子はそれをさらりと、こともなげにやってのける。

その作風に魅了されたぼくは、彼女の作品は新刊が出ると、必ず予約して購入するほどだ。

ちなみに彼女の全作品については、こちらで紹介している。

時間がある方は、ぜひ、参考にしてみてほしい。

【 参考記事  天才芥川賞作家【今村夏子】全作品おすすめ ーあらすじと魅力を紹介—

スポンサーリンク

『むらさきのスカートの女』について

「不可解」さを生む理由

改めて、今回紹介するのはこちら。

『むらさきのスカートの女』

『むらさきのスカートの女』は Audible が オススメ!

2019年上半期、芥川賞。

多くの選考員から絶賛された。

講評の中でこんな言葉がある。

「新進作家らしからぬトリッキーな小説である」

そう、この小説の最大の特徴は、その「トリッキーさ」にある。

そして、その「トリッキーさ」ゆえ、多くの読みや解釈を可能にしている

きっと読者の中でも、こんなふうに思った人は多いのではないだろうか。

結局、「むらさきのスカートの女」って、なんだったの?

そもそもそんな「女」、実在しないんじゃないの?

「女」は「わたし」が生み出した妄想なのかもしれないね

案外、「わたし」と「女」ってのは 同一人物なのかも

などなど。

実際、ぼくもそんな風にあれこれと考えたりした。

そして、色んなツジツマを合わせてみようとしたりした。

が、どれもしっくりこない。

というか、どうにもうまく説明ができない。

先ほどの「今村夏子作品は、分かりやすい」という説明と矛盾するようだが、『むらさきのスカートの女』は、とにかく「不可解さ」が残る作品なのである。

それは、どうしてなのだろう。

スポンサーリンク

「信頼できない語り手」とは

その理由を握る、最大の人物がいる。

それは、「語り手」である「わたし」 である。

もっとも、それは、すべての読者が勘づいていることだろう。

読み進めていけば、誰だってこう思うはずだからだ。

この「わたし」、なんかヘンだぞ。

そして、読み進めるうちに、読者の不安はいっそう募っていく。

ほんとうに、この人の言ってることって正しいの?

ほんとうに、この人を信頼してもいいの?

さて、小説の叙述トリックの1つに、

「信頼できない語り手」

というものがある。

「この語り手の言うことを、簡単に信頼しちゃダメだぞ」

といった書き方をあえてする手法である。

たとえば、文豪「芥川龍之介」『藪の中』という小説が有名だ。

芥川はこの作品において、複数の「信頼できない語り手」を登場させている。

彼らは「ある武士の死」について自分が見たことを証言しているのだが、それらはどれも矛盾だらけで、互いにまったくかみ合わない。

「いったい、何が本当のことなんだろう」

「いったい、だれを信じればいいんだろう」

読者にこう思わせて、作品をミステリー仕立てにしてしまうのが「信頼できない語り手」という叙述トリックの効果なのである。

『むらさきのスカートの女』という作品にも、この叙述トリックが使われている

そして、作品の「不可解さ」というのも、まさにここに根ざしている。

だから、そもそも「わたし」の言うことを、文字通り受け取って読んではいけないのだ。

彼女は、おそらく、「ウソ」をついている。

彼女は、きっと「事実」を語ってはいない。

そんなふうに、ぼくたちは「わたし」を疑ってかからなければならない。

以下、そんな「疑いの目」でもって、作品の考察に入っていきたいと思う。

そして、この一筋縄ではいかない作品について、ぼくは敢えて ある1つの解釈を提示しようと思う。

その解釈とは、

「そもそも、むらさきのスカートの女なんていなかった」

というものである。

まずは、簡単に登場人物とあらすじについてまとめていこう。

登場人物とあらすじ

主な登場人物
わたし(権藤さん・黄色いカーディガンの女)
・・・語り手。ホテルの清掃員。「むらさきのスカートの女」を執拗に尾行・観察している。彼女と「友だちになりたい」と思い、自分の職場に引き込もうとする。
「むらさきのスカートの女」(日野まゆ子)
・・・いつもむらさき色のスカートを履いている、町で有名な女。「わたし」の画策により、ホテルの清掃員として働き始め、そこで所長と不倫関係になる。
所長
・・・ホテルの事務所で清掃員をまとめている。妻子があるにもかかわらず、「むらさきのスカートの女」と不倫関係になる。
ホテルの清掃員たち
・・・全員が女性。初めは「むらさきのスカートの女」に好意的だが、彼女が出世するや、悪意と敵意を向け始める。みなが噂好きで、「むらさきのスカートの女」と所長の不倫に気がつく。

スポンサーリンク

あらすじ
「むらさきのスカートの女」(以下、女) と友だちになりたい「わたし」は、彼女を執拗に尾行・観察し、自分の職場に引き込もうと画策する。

そのかいあってか、「女」は「わたし」と同じ「ホテルの清掃員」として働き始める

はじめは内向的な「女」だったが、その謙虚な働きぶりが評価され、他の清掃員らと良好な関係を築いていく。

すぐに「女」はチーフに抜擢され、次第に自信を身につけ、所長とも不倫関係になる。

すると、清掃員たちの間に「女」の良からぬ噂が流れ、清掃員たちは「女」に悪意や敵意を向けはじめる。

そんな矢先に、ホテルの備品が何者かに盗まれ、バザーで出品されていたことが発覚。

たちまち、「女」は犯人扱いされてしまい、清掃員たちに責められる。

所長にもハシゴを外されてしまい、激昂した「女」は、所長に意図せぬ危害を加えてしまう。

取り乱す「女」の前に現れた「わたし」は「黄色いカーディガンの女」と名乗り、逃亡の手助けをする

こうして「むらさきのスカートの女」は逃亡し、忽然と姿を消したのだった

考察①「わたし」による2つのウソ

さて、ここからは、先ほど紹介した

「むらさきのスカートの女なんて、そもそも実在していない」                           

という解釈を展開していきたい。

そのための大前提を、改めて確認しておこう。

「わたし」は「信頼できない語り手」であり、彼女の言うことを鵜呑みにしてはいけない。

ぼくたちは、そういう姿勢を持つ必要がある。

では、具体的に、「わたし」のどの語りについて疑う必要があるのだろうか

それは、大きく以下の2点だ。

  • 「むらさきのスカートの女」という都市伝説
  • 「彼女と友だちになりたい」という「わたし」の告白

である。

と、こう書くと、

「え、それって、このお話の核心部分なんじゃない?」

と、読者はきっと困惑するだろう。

だけど、ぼくはあえてこの作品の根幹部分を、「『わたし』によるウソ」として読んでみたいのである

もちろんぼくは、無根拠にこんなことを言っているわけではない。

ぼくがそう判断するのには、それなりの根拠がちゃんとあるのだ。

スポンサーリンク

考察②「むらさきのスカートの女」伝説はウソ

町の人々は「女」に無関心

まず「むらさきのスカートの女」とい都市伝説は存在していない、という件に関して。

その根拠は、

  1. そもそも、「むらさきのスカートの女」について、町の人々が無関心であること
  2. そもそも、「むらさきのスカートの女」には、言うほど特異な点がみられないこと
  3. そもそも、「むらさきのスカートの女」は、「むらさきのスカート」を履いているのか怪しいこと

である。

まず、1「町の人々の無関心」について。

そもそも、「むらさきのスカートの女」にまつわる都市伝説というのは、「わたし」によって語られたものである。

うちの近所に「むらさきのスカートの女」と呼ばれている人がいる。いつもむらさきのスカートを穿いているのでそう呼ばれているのだ。

これが、作品の冒頭で、ここから、「女」に関する情報が「わたし」によって次々に語られていく。

「わたし」によれば、「むらさきのスカートの女」を見た町の人々は、こんな反応を見せるという

  1. 知らんふりをする
  2. さっと道を空ける
  3. ガッツポーズをする
  4. 嘆き悲しむ

ところが、実際に「女」が商店街をあるいても、こういった反応をする人というのは一切いない

というよりも、みなが「むらさきのスカートの女」を認識していない

そもそも「女」は、商店街で普通に買い物をするし、普通に就活だってするし、普通に採用だってされるし、普通にバスにものるし、普通に居酒屋にもいくし、挙げ句の果てに「痴漢」だってされてしまう。

いったい どこの誰が、彼女を「むらさきのスカートの女」として認識しているというのだろう。

確かに、公園の子どもたちは「女」に声をかけたり、タッチしたりしてはいたが、それが「むらさきのスカートの女」をターゲットにしたゲームであるかは、全くの不明なのだ。

それが理由に、彼らはあっというまに「まゆさん」と呼んで、彼女と打ち解けてしまうではないか。

むしろ、町の住人に声を掛けられ、不審者扱いされるのは「わたし」の方なのだ

「わたし」がシャンプーの試供品を配り、「むらさきのスカートの女」を待ち伏せするシーンがある。

シャンプーの小袋が残り5つとなった時、むらさきのスカートの女が商店街に現れた

試供品を配るわたしに気がつくと、興味ありげにビニルバッグの中身にチラチラと視線を走らせた。だが、こちらに近寄ることなく、そのまま通り過ぎようとした。

追いかけて手渡そうと体の向きを変えた瞬間、突然左腕をつかまれた。

「あんた、どこの人? 組合に許可とってる?」

私の腕をつかんだのは、たつみ酒点の主人だった。

     (中略)

「ねえ、今、配ってたのは、それ何? ちょっと見せて」

わたしは主人の手を振りほどいた。

「あっ。こら。まちなさい」

この主人というのは、商店街の組合長だと紹介されている。

普段は愛想の良い主人が、大真面目な顔で詰問してきた。

「愛想の良い人」が、いきなり今日の今日で、「大真面目な顔で詰問」してくるというのも、なんだか唐突に感じられる。

ひょっとして、商店街の人たちはすでに、不審な動きをする「わたし」をマークしていたのではないか?

そんな風に推測することだってできそうだ。

以上のように、ぼくはある程度の確信を持って、こう考えている。

「むらさきのスカートの女」という都市伝説は、「わたし」が作り上げたウソなんじゃないか。

スポンサーリンク

「女」に特異点は見られない

次に、2の「女には言うほど特異な点がない」について。

これは、読み進めれば、誰だってすぐに分かることだろう。

結論を言えば、「女」は常識的なコミュニケーションを取ることができるのだ。

同僚と飲みにも行くし、子どもたちに慕われもするし、所長と恋愛関係にもなるし、甥っ子にプレゼントも送るし、お世辞もいうし、冗談もいうし、怒るし、悲しむし、嫉妬もするし・・・・・・

結局、彼女には「不気味」なところなんて、ほぼほぼない

確かに、所長の家に「オニ電」する件や、所長への強い嫉妬心をむき出しにする件など、狂気じみたものを感じる場面はあるのだけれど、そこには「理屈」や「論理」というものが きちんとあって、理解しようと思えば、理解できる。

それよりも、そんな「女」の生活に対して異常なまでに執着し、尾行し、観察している「わたし」のほうが、よっぽど読者の理解を拒んでいるといえる。

「むらさきのスカート」穿いてる?

最後に、3の「むらさきのスカートはいてるの?」について。

そもそも、作中で「女」が「むらさきのスカート」穿いているという、客観的な記述は全くない

ただ正直、ここに関していえば、積極的な「反証」というのもない

たとえば、

「青いジーパンを穿いていた」とか、

「茶色いキュロットを穿いていた」とか、

そういう記述が多くあれば、

「ほらね、そもそも、むらさきのスカートなんて穿いてないじゃん」

といえるのだけれど、そう言えないのが残念。

ただ、こんな場面があるのは興味深い。

昨夜のむらさきのスカートの女が何色の何を穿いていたのか、わたしはどうしても思い出すことができなかった

どうだろう。

そもそも彼女は、「むらさきのスカート」なんて穿いてたの? と、疑ってかかるためには、ここに十分妥当性があるのではないだろうか。

と、いうことで、そもそも根本的なところが「?」であると、ぼくは思っている

スポンサーリンク

考察③「『女』と友だちになりたい」はウソ

「わたし」の不可解な2つの行動

「わたし」は、少なくとも1年以上、「むらさきのスカートの女」を尾行し、観察している。

それは、平日だろうと休日だろうと、夜だろうと昼だろうと、お構いなしだ。

執拗な尾行や観察がどれだけ徹底しているかというと、なんと「わたし」は、その「足音」だけで、それが「むらさきのスカートの女」かどうかを判別できてしまう。

これを「狂気」といわずに、なんと言おう。

そこまでして、「わたし」が『女』に執着するのは なぜだろう

作中では、「彼女と友だちになりたいからだ」と、はっきりと紹介されている

実際、「わたし」は、あれこれと画策して、なんとか彼女を自分の職場に引き込むことに成功する。

だけど、不可解なのは なぜか一向に「わたし」は「女」と友だちになる気配がないことだ

2ヶ月だって声を掛けたのは、「ねえねえ」と「もしもし」だけなのだ。

チャンスはいくらでもあったはず。

公園で、通勤のバスで、職場の更衣室で、ホテルのフロアで・・・・・・

にもかかわらず、積極的な動きを見せることもなく、「わたしは」これまで通り、ひたすら尾行と観察を繰り返すだけ。

一体「わたし」は、何がしたいのだろう。

そこで、改めて、次の視点を持って作品を読んでみる。

「『友だちになりたい』なんて、そもそもがウソだったんじゃない?

すると、「わたし」の不可解な行動が、妙にひっかかり出すのだ。

それは次の2つの場面における、「わたし」の行動だ。

  • 「女」が痴漢された場面
  • 入院した所長を見舞う場面

である。

1つずつ、順に見ていこう。

スポンサーリンク

「女」が痴漢された場面

「むさきのスカートの女」は、出勤するバスの中でサラリーマン風の男に痴漢被害に遭ってしまう。

「この人、痴漢です!」

そう訴えるや、すぐに大事になり、その日は始業時間に遅れてしまうことになる。

当然、職場では「女」の遅刻についてあれこれと取り沙汰される

朝のミーティングを終え、フロアへと上がるエレベーターの到着を待つ間、スタッフたちは口々に噂していた。早速無断欠勤か。いつものパターンだ。きっともう来ないだろうね。

この後、清掃員の女たちによって、「日野さんの遅刻の理由」について、あれこれと議論が交わされる。

「何か事情があるのよ」

「何も言わずに辞めるような子じゃないと思うわ」

「そうですかあ?」

「今回もお決まりのパターンだと思いますけどね」

「彼女、トレーニングがんばってるみたいだから」

「そういう子に限って、何も言わずに辞めたりするんですよお」

念のために言っておくが、彼女らのやり取りは、「わたし」の目の前で展開されている。

エレベーターを待つ「フロア」など、大した広さではないだろう。

客観的に見て、「わたし」は彼女の会話の輪の中に入っている。

にもかかわらず、なぜ「わたし」は一言も発しないのだろう

「日野さん、痴漢にあってしまったんですよ」

そんな風に一言でいいから言えば良いのに。

なぜ、「わたし」は、朝起きた事件について、彼女たちに報告しないのだろう。

「友だちになりたい相手」であれば、普通はフォローの1つでもするのではないか。

入院した所長を見舞う場面

そうなってくると、ある1つの仮定が思いつく。

それは、

「わたし」は「女」の立ち位置が悪くなることを、望んでいるのではないか。

というものだ。

このままだと、清掃員の「女」への印象はこうなってしまう。

「結局、あの子も、いままでの子と一緒だね。口では偉そうなこと言っておいて、結局、無断欠勤するような子じゃない」

ところが、「わたし」はこうなっていくことを、実は望んでいるのではないだろうか。

ちなみに、この「ホテルの清掃員」たちは、みな女ばかりである。

彼女たちが噂で盛り上がるタイプの人間であり、同僚をあげつらったり、「あいさつができない子」をいじめるような人間であることを、「わたし」はよく知っている。

実際に 作品の後半でやり玉にあげられた「女」は、彼女たちからいじめに近い仕打ちをうけることになる

「わたし」は、ひょっとして、そういうことを全て想定して「女」を職場に引き込んだのではないだろうか

そんな風に思ってみると、作品の最後のシーンから見えてくるものがある。

それは、入院した所長を見舞うシーンだ。

所長が入院したのは、「女」との不倫関係がこじれ、その痴話げんかの結果、高所から転落したからである。

だが、周囲は、その事実を全く知らない。

むしろ、彼は「日野さん」にストーカー行為を受けていた被害者として扱われている。

もちろん所長は「ほんとのことがバレるんじゃないか」と、内心ヒヤヒヤしている

「あの・・・・・・、マネージャーは、何か言ってた?」

と所長が言った。

「何かって?」

「いや、その・・・・・・」

「あの女のこと?」

所長はうなずいた。

「警察に任せてあるって、それだけ」

「そう、警察に・・・・・・」

所長は眉間にしわを寄せた。

秘密が露見しないことを確信したのか、このあと所長は生き生きと語りだす。

  • 「あの女から、ストーカー被害を受けていたこと」
  • 「あの女から、家族をダシに脅迫されていたこと」
  • 「あの女を改心させようと、アパートへ一人でいったこと」

そして、所長の言葉を信じて疑わない、彼の家族、清掃員たち。

「バザーの転売事件」の犯人も「日野さん」ということで落ち着き、そんな危険な女は今や警察に追われる身、きっといつかは逮捕されるに違いない。

こんな感じで、周囲にとってはみれば、完璧に「めでたしめでたし」の趣なのだ。

ただ、「わたし」だけが、全てを知っている

たが、彼女はじっと沈黙したままだ

「いや、そうじゃないんです、本当は日野さんと所長は不倫関係にあって・・・・・・」

と、真実を告げるのが、「友だち」としての正義ではないだろうか。

ほんとうに「友だちになりたい」のなら、本当に「女」を助けたいのなら、いまこそ、この場で「所長のウソ」を糾弾するべきではないのか。

だが、「わたし」は沈黙を守り続ける。

それは、「女」が痴漢被害にあった、あの日となんら変わらない。

どうして「わたし」は、あれほど友だちになりたいと願った「むらさきのスカートの女」を助けてやらないのだろう。

それは、「友だちになりたい」という「わたし」の言葉は そもそもがウソで、彼女の本当の意図というのは別にあったからなのだと思う。

スポンサーリンク

考察④「わたし」の真の意図とは

では、最後に「わたし」の真の意図とは何だったのか、それについて考えてみたい。

結論を言えば、

「女」を(社会的・存在的に)抹殺すること

これだったのではないだろうか。

もちろん、これは「結果ありき」の論かもしれない。

痴漢、不倫関係、痴話げんか・・・・・・

「女」が消えることとなった背景には、少なからず偶発的な事件があるからだ。

だけど、ぼくは、この作品を読みながら、「わたし」の不穏で不気味な意図を感じずにはいられなかった

「女」の立ち位置が明らかに悪くなっていっていくことを、「わたし」が望んでいたのだとすれば・・・・・

「女」を職場に引き込んだ「わたし」の目的が、「友だちになること」以外にあっとすれば・・・・・・

そう考えると、「むらさきのスカートの女」は、「わたし」によって抹殺された被害者だったのではないかと思えてくるのだ。

なんなら「女」は、逃亡しているワケじゃないのかもしれない。

なぜ彼女は消えてしまったのか。

「わたし」だけが、その理由を知っているのかもしれない。

「女」はもう、この世界にいないのかもしれない。

存在もろとも、「わたし」に消されてしまったのかもしれない。

ぼくは、そんなことさえ考えてしまう。

スポンサーリンク

まとめ「本当の都市伝説は別にある」

「むらさきのスカートの女」は、「わたし」によって職場に引き込まれ、最後はその姿を消してしまった。

とすると、すぐに次の疑問が浮かんでくるだろう。

じゃあ、そのターゲットは、どうして「日野さん」だったの?

それは分からない。

論理的な答えなど、ないのかもしれない。。

「たまたま」ターゲットにされただけなのかもしれない。

ここで、改めて「信頼できない語り手」の話を思い出して欲しい。

この『むらさきのスカートの女』という作品は「わたし」による語りで進められていく。

そして、この物語の前提には「むらさきのスカートの女」という都市伝説がある。

だけど、読者は、「わたし」の言葉を鵜呑みにしてはいけない。

「むらさきのスカートの女」なんて都市伝説は、じつは最初から存在していない。

「わたし」の作り話なのだ。

とすると、「わたし」に抹殺されてしまったのは、「むらさきのスカートの女」なんかではなく、一市民である「日野まゆ子」さんだったということになる。

さて、ここで、芥川選考委員の講評を紹介したい。

語り手と語られる女が、重なったり離れたりしながら、最後には語られる女が消えて、その席に語り手が座っている

この講評をよんで、ぼくは、鳥肌が立つ思いだった。

小説のラスト。

「わたし」が「むらさきのスカートの女」のベンチに座るシーンがある。

これはきっと、真の「都市伝説の主人公」は誰なのかを暗示していると思われる。

「女」が消え、最後に残ったのは結局のところ「わたし」だけ。

つまり、この小説世界において存在するのは「黄色いカーディガンの女」だけなのだ

「ねえねえ、黄色いカーディガンの女って知ってる? いつも黄色いカーディガンを着ている女なんだけど、その女に出会ってしまうと、この世界から消されてしまうらしいよ」

そんな都市伝説が、きっとこの小説世界では流布している。

そして、「黄色いカーディガンの女」のターゲットになってしまった女性は、「日野さん」のように、この世界から消されてしまうのだ。

この小説は、信頼できない語り手である「黄色いカーディガンの女」による、「日野さんを消すまでの物語」なのだろう。

物語の最後では、「黄色いカーディガンの女」が、その実在性を強烈に放っている。

公園の南方、3つならんでいるうちの、一番奥のベンチ・・・・・・

「黄色いカーディガンの女」はそこに座って、今日もターゲットを物色しているかもしれない。

次に読むならこれ

最後に『むらさきのスカートの女』を読んでおもしろいと思った人に、おすすめの本を紹介しようと思う。

以下で紹介するの作品も、独特の「生きづらさ」を抱える女性が主人公の純文学だ。

『こちらあみ子』(今村夏子)

主人公の「あみ子」は純粋な心を持つ少女。

彼女と世界との間には埋められない溝があって、彼女の優しさはなぜか周囲をいら立たせていく。

あみ子が周りを幸せにしようと思えば思うほど、彼らの生活が壊れていってしまう。

そして、あみ子は疎んじられ、厭われてしまう。

どうしてあみ子はこうも生きづらいのだろう。

純粋すぎることは罪なのだろうか。

読みながら、そう問わずにはいられないだろう。

【 参考 考察・解説『こちらあみ子』(今村夏子)― 純粋という美しさ ―

『コンビニ人間』(村田紗耶香)

2016年の芥川賞受賞の、ザ・「生きづらい人」文学。

36歳未婚女性、古倉恵子は、大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。

彼氏も作らず、結婚もしない彼女を、周囲は「異常」と呼ぶ。

だけど、筆者は読者にこう問うてくる。

「異常だなんて、一体、だれが決めてるの?」

村田紗耶香の作品は、とにかく「異常って何?」という強烈なメッセージがあるが、それは本作も同様。

哲学的な主題を扱いながらも、不気味に、おかしく、おもしろく、秀逸な文学にしたてあげている。

自分たちは「まともだ」と、平穏にあぐらをかいている読者を、じわじわと揺さぶってくる1冊。

【 参考 解説・考察『コンビニ人間』村田沙耶香)ー異常だなんて誰が決めた? ー

『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)

主人公のあかりは「生きづらさ」を抱える女子高生。

世間の中で居心地の悪さを感じ続ける彼女が、唯一自分らしくいられるのは「推し」を推しているときだけ。

そんな推しがある日「炎上」してしまう。

ファンをなぐったらしい。

あかりが信じたものは、神でも仏でもなく、人間である「推し」だった。

彼女にとって「推しごと」は救いになりうるのか。

そして、生きづらさを感じる人が前向きに生きていくことはできるのか。

本作は「推し」を推すファンの心理を描いた作品だけど、生きづらさを抱えて生きる全ての人に刺さるはず。

【参考 考察・解説『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)ー推しに見られる宗教性-

その他「今村夏子」作品の紹介

今村夏子の作品にはハズレがほとんどない。

どの作品にも「不穏さ」や「不気味さ」が底流していて、読んでいて心がザワザワするものばかりだ。

寡作の作家ではあるが、発表される作品は、どれも独特な魅力をもつものばかり。

以下の記事で、その魅力について賞書いているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

【 参考 天才芥川賞作家【今村夏子】全作品おすすめ ーあらすじと魅力を紹介—

その他「芥川賞」受賞作の紹介

近年の芥川賞は、読みやすいものが多い。

しかも、ただ読みやすいだけではなくて、今回の『むらさきのスカートの女』のように、おもしろく、かつ読み応えもある。

以下の記事では、『むらさきのスカートの女』を含めた5作品を、「芥川賞を読むなら、まずはここから」という主旨で紹介している。

ぜひ、こちらも参考に、次に読む本を選んでみてほしい。

【 参考 【本当におもしろい】おすすめ芥川賞作品5選 ー初級編①ー

ぜひ、ご参考にどうぞ。

”耳読書”「Audible」がおすすめ

最後に、記事で考察した『むらさきのスカートの女』には【Audible版】もある。

ここ数年利用人口を増やしている「Audible」は、出版社だけでなく現役の芥川賞作家らからも注目されている

Audibleのメリットは4つ
1 時間を有効活用できる 

2 新しい「文学鑑賞」ができる 

3 貴重な講演が聞ける

4 月額1500円で“聴き放題”

いま、なぜAudibleが出版業界や現役作家らから注目されているのか。

その辺りのことを以下の記事で紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしていただければと思う。

【 芥川賞作家らが注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました