作家

作家 作家

日本近代文学で活躍した作家、いわゆる「文豪」たちの人生と代表作についてのまとめ。

スポンサーリンク
作家

解説「梶井基次郎」の人生・人物像のまとめ―早世した天才のやさぐれエピソード―

日本文学史を まるで“流れ星”みたいに過ぎ去った早世の天才「梶井基次郎」。生前はほとんど評価されなかった彼だが、いまや日本の“文豪”としてその名をとどろかせている。そんな梶井基次郎について、その生涯、有名エピソード、作品の特徴、後世における評価、代表作などを徹底解説をしたい。
作家

解説「泉鏡花」の人生と人物像―ロマン主義・観念小説・幻想文学の名手―

「泉鏡花」は知る人ぞ知る文豪で、主に明治時代~大正時代に活躍した人物だ。この記事では、そんな泉鏡花という作家の人生と人物像について解説していきたい。また、彼の文学的立場である「ロマン主義」や、彼の作風と言われる「観念小説」や「幻想文学」についても紹介したい。
作家

解説「尾崎紅葉」の人生・人物像のまとめ―擬古典主義・硯友社とは何か―

この記事では日本文学に大きな影響を与えた文豪「尾崎紅葉」の人生と人物像の解説をしていく。その中で主に「擬古典主義」とは何か、「硯友社」とはどんな集団だったか、『金色夜叉』など彼の代表作の魅力は何かについて徹底解説をしていく。
作家

「二葉亭四迷」の人生・言文一致をわかりやすく解説―『浮雲』を中心に―

二葉亭四迷は「写実主義」を完成させた、日本近代文学史におけるレジェンドだ。この記事では、そんな彼の「人生と人物像」について紹介し、彼の一番の業績である「言文一致運動」や代表作『浮雲』について徹底解説・考察をする。
作家

坪内逍遥『小説神髄』の文学論を解説―写実主義・日本文学とは何か―

坪内逍遥は日本文学のパイオニア的存在だ。この記事ではそんな彼の「写実主義」という文学的立場について解説する。また「そもそも文学とは何か」、「日本文学はどのように生まれたか」、「森鷗外との没理想論争」についても解説する。
作家

小説の神様「志賀直哉」人物・人生の解説―反自然主義・白樺派とはー

小説の神様と呼ばれた志賀直哉。彼は文壇のカリスマ的存在となり、日本文学に大きな痕跡を残した。この記事ではそんな彼の人生や人物像、代表作について紹介したい。
作家

「谷崎潤一郎」人物・人生・代表作の解説―反自然主義・耽美派とはー

文豪「谷崎潤一郎」……彼はその特異な恋愛遍歴や性癖でもって語られがちな作家だ。そこで、この記事ではそんな彼の女性遍歴や性癖にスポットを当てて、彼の人物像や人生、代表作について紹介していく。
作家

「島崎藤村」人物・人生・代表作の解説 ―自然主義とは何かー

『破戒』で有名な島崎藤村。彼の人生は波乱に満ちている。家族の死、教え子のとの恋愛、姪との不倫……この記事では、そんな彼の人生と代表作を紹介しつつ「自然主義」とは何かについて解説をしたい。
作家

天才「森鷗外」のまとめ―人物と人生の解説・代表作の紹介―

『舞姫』の作者 森鴎外のイメージとは?と聞かれ「エリート」と答える人は多いと思う。しかし、森鴎外には人知れぬ「悲しみ」を抱え、理想と現実の葛藤に苦しんだ人間だった。この記事では そんな森鴎外の人生を分かりやすくまとめ、彼の代表的作品について丁寧に紹介したい。
作家

天才「太宰治」のまとめと解説―人生、人物、代表作について―

『人間失格』で「恥の多い生涯を送ってきました」と書いた太宰。彼自身の生涯もまた波乱に満ちたものであり、彼の作品にも大きな影響を与えている。この記事では そんな太宰治の人生についてまとめ、代表作について紹介・解説をしていきたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました