読書・執筆

芥川賞作家も注目! Audible(オーディブル)のメリット・デメリットを解説

今、芥川賞作家が注目している”耳読書” 【 Audible 】 その魅力と可能性を徹底解説。また、購入の参考にメリットとデメリットも紹介する。
文学

解説・考察『続泥流地帯』—作者が伝えたかったことは?ヨブ記との共通点を参考に—

三浦文学の中でも多くのファンを獲得した感動の長編作『泥流地帯』シリーズは、読者に大きな「問い」と「感動」を与えてくれる作品だ。記事ではその完結編『続泥流地帯』に描かれた主題やヨブ記との関連について解説と考察をする。
言葉

まとめ解説【日本語の歴史と変遷】を分かりやすく簡単に―各時代の特徴とは―

「日本語の歴史と変遷」(奈良時代 ~ 明治時代)について分かりやすく、かつ、徹底的に解説をしたい。文字表記、文法、語彙、音韻など、様々な観点から日本語を説明する。
言葉

解説「明治時代(近代)の日本語・言葉」―外来語・表記・語彙などわかりやすく―

「明治時代(近代)の言葉・日本語」について、文字表記、音韻、発音、語彙、文法などについて解説をし、その歴史的位置や特徴、奥深さについて考えたい。
文学

解説・考察『泥流地帯』(三浦綾子)—悲しみや苦しみに意味はあるのか—

三浦文学の中でも多くのファンを獲得した感動の長編作『泥流地帯』は、読者に大きな「問い」と「感動」を与えてくれる作品だ。記事では、そんな『泥流地帯』に描かれた主題について解説と考察をする。
言葉

解説【江戸時代(近世)の日本語・言葉】―文法や表記、発音、語彙を分かりやすく―

「江戸時代(近世)の言葉・日本語」について、文字表記、音韻、発音、語彙、文法などについて解説をし、その歴史的位置や特徴、奥深さについて考えたい。
言葉

解説【室町・安土桃山時代の言葉・日本語】—キリシタン版『エソポのハブラス』—

「室町・安土桃山時代(中世後期)の言葉・日本語」について、文字表記、音韻、発音、語彙、文法などについて解説をし、その歴史的位置や特徴、奥深さについて考えたい。
言葉

解説【鎌倉時代(中世)の日本語・言葉】―文法や表記、発音、語彙を分かりやすく―

「鎌倉時代(中世)の日本語」について、文字表記、音韻、発音、語彙、文法などについて解説をし、その歴史的位置や特徴、奥深さについて考えたい。
文学

解説・考察『777(トリプルセブン)』伊坂幸太郎―人生にジャックポットを―

2023年に出版された伊坂幸太郎による長編小説『777』の解説を行う。記事中には、ネタバレを多く含んでいるので、作品未読の方は注意をしてほしい。
作家

解説【谷崎潤一郎の人物・人生・文学的特徴】のまとめ―耽美派の代表作家―

はじめに 谷崎潤一郎は、日本を代表する文豪だ。 純文学に限らず、ミステリー、サスペンス、歴史小説など、あらゆるジャンルの作品を書いた彼は、世間や文壇から「大谷崎」と呼ばれ、ノーベル文学賞の候補に何度も上がった。 正真正銘、日本近代文学におけ...
読書・執筆

【小説の推敲のやり方・具体的方法】をチェックリストで解説―推敲が辛い人は必見―

このブログでは、文学賞への投稿をゴールに据え「どのように小説を執筆するか」について詳しく解説をしている。今回解説したいのは、「推敲の具体的やり方」と「推敲のチェックポイント」だ。
error: Content is protected !!