スポンサーリンク
読書

解説【kindle自費出版のメリット・デメリット】―格安で出版をしたい人へ―

「kindle出版」は格安で自費出版できることから、近年、注目を集めているサービスです。この記事では「Kindle出版って、実際どうなの?」そんな疑問を持っている人に向けて、Kindle出版の「メリット・デメリット」や、「おすすめの出版方法」について徹底解説をします。
文学

解説・考察『人間失格』の全てを徹底解明ー道化を生きた男の“最期の告白”ー

—恥の多い生涯を送ってきました— といった有名すぎる冒頭。僕たちはこれを「太宰治による最期の告白」ととっていい。『人間失格』を読めば太宰に関する様々なことが見えてくる。この記事では作品を徹底解説し、「太宰治の生涯」との関連について考察をしていく。
哲学

解説・考察【プラトンのイデア論】—魂の三文説、哲人王思想も分かりやすく説明—

プラトンの登場が西洋哲学史に与えた影響は計り知れない。「西洋哲学の歴史とは、プラトン哲学への膨大な注釈である」こんな言葉が存在するくらい、プラトンは数多くの問題提起をした人物である。記事では、そんな「プラトンの哲学」の中から「イデア論」「魂の三文説」「四元徳」「哲人王思想」について分かりやすく解説する。
文学・言葉

日本語の特徴を解説・考察!―日本文化の人間観と世界観を解明―

日本語を明らかにすることで、ぼくたちの人間観や自然観がみえてくる。本書は、日本語と英語とを比較することで、日本語とは何か、日本人とは何かに迫っていく。日本語学や言語学に興味がある人はぜひ読んでほしい。
哲学

哲学を解説・考察【規則のパラドックスとは】ー天才クリプキによる解釈よりー

哲学史における天才は数多くいるが、その中でもあえて1人だけ選ぼうとするなら、やっぱり「ウィトゲンシュタイン」だ。彼の有名な議論の1つに「規則のパラドックス」なるものがある。記事ではこの「規則のパラドックス」を分かりやすく解説したい。参考にしたのは現代の天才「ソール・クリプキ」の解釈である。
哲学

哲学を解説・考察【クオリアとは何か】—逆転スペクトルと哲学ゾンビを中心に—

哲学では「美しい」とか「おいしい」とか「痛い」とか、こうした具体的な質感を持つ私的な体験のことを「クオリア」と呼んでいる。しかし、このクオリアに関しては多くの謎があり、「心の哲学」において様々に議論されている。記事では「逆転スペクトル」と「哲学ゾンビ」という議論を紹介しつつ、クオリアについて解説したい。
言葉

日本語に主語はない?主語不要論を解説—総主論争、ウナギ文、こんにゃく文より—

日本語では「よく主語が省略される」と言われるが、それは正しいのか。そもそも、日本語に「主語はない」のではないか。こうした考えを「主語無用論」という。記事では、この主語無用論についてとりあげ、「総主論争」「ウナギ文論争」「こんにゃく文論争」という代表的な議論を3つ紹介したい。
言葉

解説【”は”と”が”の違いとは何か】—日本語学における超難問に挑む—

日本語における助詞「は」と「が」の違いというのは、いまだに明快な説明が見つかっていない、日本語学における宿命的な問題なのである。そんな「は」と「が」の違いについて、とっても有効な説明を与えた日本語学者がいる。それが大野晋である。この記事では、大野氏による「は」と「が」の違いの妥当性を説明したい。
哲学

哲学を解説・考察【時間とは何か】—現在や過去や未来は存在しているのか—

多くの人々は「哲学=小難しい」と感じているが、本来「哲学」はおもしろくて、スリリングで、ちょっと怖くて、魅力的なものだ。この記事ではそんな「哲学」の主要テーマについて紹介したい。今回扱うテーマは「時間って何? 現在、過去、未来って何?」といった問いである。
哲学

哲学を解説・考察【世界5分前仮説とは何か】—過去なんて存在しない?—

多くの人々は「哲学=小難しい」と感じているが、本来「哲学」はおもしろくて、スリリングで、ちょっと怖くて、魅力的なものだ。この記事ではそんな「哲学」の主要テーマについて紹介したい。今回扱うテーマは「記憶って正しいの? 過去は本当に存在したの?」といった問いである。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました