読書・執筆

芥川賞作家も注目! Audible(オーディブル)のメリット・デメリットを解説

今、芥川賞作家が注目している”耳読書” 【 Audible 】 その魅力と可能性を徹底解説。また、購入の参考にメリットとデメリットも紹介する。
文学

解説・考察「源氏物語の“リアリティ”がスゴい」―設定、人物、感情が超リアル!―

この記事では「源氏物語のリアリティ」について解説をしていく。主な内容は以下の点。1、時系列のリアリティ 2、舞台のリアリティ 3、風景のリアリティ 4、社会構造のリアリティ 5、人物造形のリアリティ 6、心理描写のリアリティ 7、老い・死のリアリティ
文学

解説「平安時代の結婚形態と特徴」一夫多妻は間違い?―『源氏物語の結婚』より―

この記事では、工藤重矩著『源氏物語の結婚』の主張をもとに、平安時代の結婚形態と特徴について分かりやすく解説をしていきたい。その上で、『源氏物語』のヒロイン「紫の上」の立場が、どれだけ特殊なものだったかについて解説をしていく。
文学

解説考察『東京都同情塔』―テーマ、伝えたかったこと、ラストの意味を分かりやすく―

『東京都同情塔』は、第170回芥川賞受賞作で、多くのテーマを扱った批評性やメッセージ性にあふれる作品だ。この記事では本作のテーマや作者が伝えたかったことを中心に解説・考察をする。
作家

解説【第一次戦後派文学 と 第二次戦後派文学】―両者の違いと特徴を分かりやすく―

日本の近代文学における”戦後派”について「戦後派の定義とは何か」、「第一次と第二次の違いは何か」、「代表作家と作品は何か」を徹底解説する。
作家

解説「無頼派とは何か・新戯作派との違い」を分かりやすく―代表作家とその特徴―

この記事では日本文学における「無頼派」について徹底解説をしたい。ポイントは「無頼派の定義」、「無頼派と新戯作派の違い」、「無頼派の思想的立場」、「無頼派の作家たち」の4つ。
文学

解説まとめ「源氏物語の凄さ、人気の理由、なぜ読み継がれたかを分かりやすく簡単に」

源氏物語は、もはや日本の古典文学の代名詞ともなっている。この記事では「源氏物語の凄さ」と「源氏物語が読み継がれた理由」について、どこよりも分かりやすく解説をしていく。
文学

解説・考察『砂漠』(伊坂幸太郎)―傑作!人生を歩むための“パンクロック小説”―

この記事では、伊坂幸太郎『砂漠』について、伏線、タイトルの意味、登場人物について徹底解説・考察を行う。
文学

解説・考察『フーガはユーガ』―伏線、タイトルの意味、他作品とのリンクを徹底解説―

この記事では、伊坂幸太郎『フーガはユーガ』について、伏線、タイトルの意味、他作品とのリンクについて徹底解説・考察を行う。
言葉

解説「言語の条件とは何か」を分かりやすく簡単に―言語の十大原則より―

この記事では「言語とは何か」また「言語が言語たりえる条件とは何か」について、「言語の十大原則」をたよりに分かりやすく簡単に解説をしたい。
文学

解説考察「おらおらでひとりいぐも」(小説)―なぜ方言?タイトルの意味とは?―

2018年芥川賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』について、「なぜ東北弁で書かれているのか」、「タイトルにどんな意味が込められているか」を大きなテーマにして、解説と考察をしていく。
error: Content is protected !!