スポンサーリンク
文学

解説・考察・あらすじ『くるまの娘』―“家族”という牢獄、“愛”という支配―

芥川賞作家「宇佐見りん」の3作目『くるまの娘』、「家族」をテーマにしたこの作品は、家族問題で苦しい思いをしたことがある全ての人に刺さる作品だと思う。この記事では作品の「あらすじ」や「テーマ」について徹底解説をする。
文学

解説・考察『山月記』のテーマ・主題を完全網羅!―不条理を生きるための物語―

人生の不条理に戸惑ったり、苦しんだりしたことがある人は多いだろう。そんな人生の不条理について扱った有名な文学作品、それが『山月記』だ。この記事では『山月記』のテーマ「不条理」を中心に「自意識」「自嘲」「物語」について考えてみたい。
哲学

解説【プロタゴラスとゴルギアスの哲学」を分かりやすくーソフィストの功罪とはー

【哲学史のまとめ第4弾】今回は「プロタゴラスとゴルギアスの哲学」を中心とした「ソフィスト」について。ソフィストの登場が「哲学史」に与えた影響は大きい。この記事では、そんな「ソフィストの功罪」と「ソフィストの思想」ついて分かりやすく解説をしていきたい。
作家

解説「梶井基次郎」の人生・人物像のまとめ―早世した天才のやさぐれエピソード―

日本文学史を まるで“流れ星”みたいに過ぎ去った早世の天才「梶井基次郎」。生前はほとんど評価されなかった彼だが、いまや日本の“文豪”としてその名をとどろかせている。そんな梶井基次郎について、その生涯、有名エピソード、作品の特徴、後世における評価、代表作などを徹底解説をしたい。
文学

解説・考察『檸檬』―作品の謎を徹底解明!檸檬とは結局何だったのか―

『檸檬』は梶井基次郎の代表作であり、近代文学史上の傑作との呼び声が高い作品だ。とはいえ、率直にいって『檸檬』という作品は分かりにくい。そこで、この記事では・『檸檬』は何を象徴していたのか、・なぜ檸檬だったのか、・なぜ漢字表記たったのかを中心に、作品の謎に迫りたい。
哲学

解説・考察『不滅の哲学 池田晶子』(若松英輔)―言葉、救い、超越、自己―

ー”哲学”とは “考える”という営みに、後から与えられた名前に過ぎないー これが池田晶子の哲学観であり、彼女は意識的に「哲学」の特権みたいなものをはぎ取ろうした「文筆家」だった。この記事ではそんな池田晶子を論じた書『不滅の哲学 池田晶子』を参考に、池田晶子の哲学について考察をしていく。
哲学

解説・考察【デモクリトス】の哲学を分かりやすく ―天才の原子論―

【哲学史のまとめ第3弾】今回は「デモクリトス」の哲学。彼は古代ギリシアに現れた「異端児」であり「早すぎた天才」と言えるくらい、画期的な哲学を展開した。それは、ヘラクレイトスとパルメニデスの哲学をいい感じに吸収し、いい感じに昇華した哲学でもあった。記事ではデモクリトスの「哲学」と「人物像」、そしてデモクリトス「周辺の哲学者」について解説と考察をしていく。
芥川賞

最新【2020年代「芥川賞」全作品を紹介】ーあらすじと考察ー

芥川賞を年代ごとに紹介するこのシリーズ。ついに2020年代ということで、いま最もホットな芥川賞作品を紹介していく。これまでは「オススメの作品」ということで、年代ごとにいくつか厳選して紹介してきたが、2020年代は全作品について触れ「あらすじ」と「考察」を記していく。
文学

解説・考察・あらすじ『ヒカリノタネ』(森絵都)ー「YOASOBI×直木賞」企画 ー

YOASOBI×直木賞作家の企画により、順次楽曲が配信される予定だ。この記事では、その原作小説である『ヒカリノタネ』(森絵都)について紹介をする。テーマ、登場人物、あらすじ、考察についてそれぞれ記していく。
文学

解説・考察・あらすじ『色違いのトランプ』(宮部みゆき)ー「YOASOBI×直木賞」企画 ー

YOASOBI×直木賞作家の企画により、順次楽曲が配信される予定だ。この記事では、その原作小説である『色違いのトランプ』(宮部みゆき)について紹介をする。テーマ、登場人物、あらすじ、考察についてそれぞれ記していく。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました