文学

文学 文学
文学

感想・解説『レぺゼン母』(宇野碧)—ラップという”魂の対話”に落涙必至!—

『レぺゼン母』は2022年、第16回小説現代長編新人賞受賞作だ。――おかんとラップ―― この設定からして問答無用で笑えてしまうワケだが、そうした「笑い」に「涙」が融合し、読中も読後も名状しがたい感動が潮のように押し寄せてくてくる。この記事では、そんな『レぺゼン母』についての魅力について解説・考察をしたい。
文学

解説・考察『舞姫』の内容を徹底解明!―森鴎外が伝えたかったこととは―

この記事では、舞姫の内容を解説しつつ、森鴎外が伝えようとした「近代的自我の挫折」について考えていく。これから舞姫を読もうとする人も、いままさに舞姫を読んでいる人も、記事を参考にしていただきたい。
文学

解説・考察・感想『とんこつQ&A』(今村夏子)—笑いと狂気の融合文学—

今村夏子は、今、最も新作が待たれている作家の1人だ。この記事では、彼女の7作目『とんこつQ&A』の考察と感想をまとめる。すでに作品を読んだ人も、これから読みたいという人も、ぜひ参考にどうぞ!
文学

解説・考察「おいしいごはんが食べられますように」―”おいしい”を解体する文学―

第167回芥川受賞作、『おいしいご飯が食べられますように』(高瀬隼子)この作品が問うているもの、それは「ゆたかな食事」である。記事では、この作品について、その内容をまとめ、解説と考察を行っていく。
文学

考察・解説『人間失格』の内容を徹底解明!ー道化を生きた太宰の“精神的自伝”ー

—恥の多い生涯を送ってきました— といった有名すぎる冒頭。僕たちはこれを「太宰治による最期の告白」ととっていい。『人間失格』を読めば太宰に関する様々なことが見えてくる。この記事では作品を徹底解説し、「太宰治の生涯」との関連について考察をしていく。
文学

解説・考察『堕落論』の主題を分かりやすく―生きづらさを感じる全ての日本人へ―

敗戦後、混迷する日本人の前に現れた『堕落論』……これまでの「道徳観」を批判し、自明視されていた「制度」を解体し、日本人に「堕落」する必要性を説いた本書は、多くの日本人を奮い立たせた。この記事では戦後文学を代表するエッセイ『堕落論』について徹底解説をしていきたい。
文学

解説・考察『マイクロスパイ・アンサンブル』ー“伊坂エッセンス”たっぷりの佳作ー

伊坂幸太郎の『マイクロスパイ・アンサンブル』は2022年に出版された中編小説だ。「鮮やかな伏線回収」ありの、「魅力的な登場人物」ありの、「ユーモラスな会話」ありの、「ハートウォーミングな展開」ありの、「手に汗握る戦闘シーン」(ちょっとだけ)ありの、要するに“伊坂らしい”作品となっている。記事では本書の魅力について解説する。
文学

解説・考察・あらすじ『くるまの娘』―“家族”という牢獄、“愛”という支配―

芥川賞作家「宇佐見りん」の3作目『くるまの娘』、「家族」をテーマにしたこの作品は、家族問題で苦しい思いをしたことがある全ての人に刺さる作品だと思う。この記事では作品の「あらすじ」や「テーマ」について徹底解説をする。
文学

解説・考察『山月記』のテーマ・主題を完全網羅!―不条理を生きるための物語―

人生の不条理に戸惑ったり、苦しんだりしたことがある人は多いだろう。そんな人生の不条理について扱った有名な文学作品、それが『山月記』だ。この記事では『山月記』のテーマ「不条理」を中心に「自意識」「自嘲」「物語」について考えてみたい。
文学

解説・考察『檸檬』―作品の謎を徹底解明!檸檬とは結局何だったのか―

『檸檬』は梶井基次郎の代表作であり、近代文学史上の傑作との呼び声が高い作品だ。とはいえ、率直にいって『檸檬』という作品は分かりにくい。そこで、この記事では・『檸檬』は何を象徴していたのか、・なぜ檸檬だったのか、・なぜ漢字表記たったのかを中心に、作品の謎に迫りたい。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました