解説・考察【ミレトス学派とピタゴラスの哲学】を分かりやすく―哲学の始まり―

哲学

はじめに「哲学ってなに?」

「哲学」と聞いて、あなたはどんなイメージを持つだろうか。

  • むずかしい
  • とっつきにく

めんどくさい

といった否定的なものもあれば、

  • かっこいい
  • かしこそう

といった肯定的なものもあるかもしれない。

もし両者に共通点があるとすれば、それは一体なんだろう。

それはきっと

自分とは無関係な学問

といったものになるのではないか。

むずかしいし、自分には関係ないな。

かっこいいけど、ちょっとハードルが高いな。

そんな思いから、哲学は敬遠されてしまいがちである。

が、そうした考えについて、僕はすぐさま反論を加えたい。

哲学はあなたと無縁な学問なんかではない。

というよりも、この世界に存在している限り、あなたの「存在の根本に深くかかわる」学問だと言って良いだろう。

では哲学がテーマにしている問題とは、一体なんなのか。

結論を言えば、

なぜこの世界は存在しているのか

ということになる。

この問題を、もっとかみ砕いて言えば、

なぜ自分は存在しているのか

ということになるし、

自分は死んだらどうなのか

ということにもなる。

ここで改めて言うまでもないけれど、あなたはいつか必ず死んでしまう。

そして、あなたの家族、恋人、友人たちも、いつか必ず死んでしまう。

さらにその次の世代も、その次の世代も、そのずっーーーーっと先の世代も、例外なく必ず死んでしまう。

そして最終的には、この地球も太陽に飲み込まれて、宇宙の塵と消えてしまう。

これは一体どういうことなのか。

なぜ僕たちは、それでも生きなければならないのか。

自分自身の命にはいったいどんな意味があるのか。

哲学を突き詰めて考えていくと、最後はこの究極の問題に行きつく。

僕たちは、この世界に1人で生まれ、1人で生き、そして1人で死んでいかなければならない、そういう存在だ。

であれば、哲学の問題と無縁な人間なんて、この世界に存在していないことになる。

さて、このブログでは哲学の歴史をシリーズ化して、丁寧に分かりやすく解説をしてゆく。

紹介する哲学者たちは、みな例外なく「この世界はなぜ存在しているのか」という難題に立ち向かっている。

あるものは先人の教えを受け継ぎ、あるものは先人の教えを批判し、そして「知のバトン」は脈々と現代の僕たちまで受け渡されてきた。

その「知のバトン」を、僕たちはきちんと受け取らなければならないと思う。

今回は“哲学の始まり”として「ミレトス学派」「ピタゴラス」の哲学について解説する。

お時間の在る方は、ぜひ、最後までお付き合いください。

「読書はしたいんだけど、時間がない!」
そんな悩みを持つ人には、”聞く読書” オーディブルがオススメ!

オーディブルの「利便性」「簡単な利用法」については以下の記事で詳しく説明をしているので、少しでも興味のある方は、ぜひ参考にどうぞ。
【  芥川賞作家らも注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

解説①「哲学以前」の世界観

「なぜこの世界は存在しているのか」

その問いの起源は古く、また世界中に見て取ることができる。

たとえばインド、中国、エジプトなどなど。

が、一般的に「哲学」といえば、狭義に「西洋哲学」を指している。

その起源は古代ギリシアにあり、初めて哲学が生まれたのは紀元前600年ころと言われている。

では、それ以前の西洋には「なぜこの世界は存在しているのか」といった問は生まれなかったのだろうか。

そんなことはない。

繰り返すが、これは人間であれば、誰しもが抱えている問題なのだ。

ただ、哲学以前と以後では、その「説明」の仕方が全く異なっていた。

哲学以前において「この世界のはじまり」は神話で説明されていた

つまり、「世界を作ったのは神である」などと説明されていたわけだ。

それ以外に「人間のはじまり」も「人間が生きる意味」も「自然現象」さえも、すべて「神」との関係によって説明されていた。

それで人々が納得し、満足しているうちは、なんら問題ない。

ところが、次第に人々は生活圏を広げ、異文化の人々と出会うことで状況は大きく変わることになる。

異文化人との交流を通して、自分が信じてきた「神話」の限界というものが露呈してしまったわけだ。

神話Aを信じる人、神話Bを信じる人、神話Cを信じる人。

彼らが正しいと信じる「真理」はてんでバラバラで、ある人にとっての「真理」が、ある人にとってはデタラメに映る、なんて事態が次々と起きてしまった。

これじゃまずい。

そう思った人々は、あらためて次のように問い直した。

誰にでも通用する「普遍的」な真理ってなんだ?

「哲学」はこうして生まれた。

さて、「哲学」の理念は、大きく次の3つにまとめることができる。

「神話」を使わずに、誰にでも通用する「抽象概念」で説明すること。

②「世界はなぜ存在しているのか」その根本原理を突き止めること。

③先人の常識にとらわれず、「はじめの一歩」から論理的に考えること。

この3つを守りさえすれば、世界中のどんな国の、どんな人にも通用する「絶対不変の真理」に到達できるはず。

特に、③の「論理的」という特徴は、多くの人が持っている哲学のイメージの1つだろう。

哲学では、この論理のことを「ロゴス」と呼んでいる。

一方で、論理に対置される神話のことを「ミュトス」と呼んでいる。

とすれば「哲学とは何か」の答えは、およそ次のようになる。

「神話(ミュトス)」を克服し、「論理(ロゴス)」によって世界を解き明かそうとする営み。

以下では、その哲学の実践者と、その思想内容を概括したい。

スポンサーリンク

解説②「哲学の始まりの地」

さきほど、「哲学」は狭義に「西洋哲学」であると説明した。

もちろんそれは嘘じゃないのだが、実は「哲学の始まり」は小アジアから、というのが定説となっている。

その始まりの地となったのが、ギリシア本土から見て東方、エーゲ海対岸の「ミレトス」というイオニア人都市国家だった。

このミレトスの地理的特徴として、次の2点について触れておきたい。

  • 諸文化の交易の中心地であったこと。
  • エーゲ海に面した地であったこと。

まず、ミレトスの周辺にはギリシア、イタリア、エジプト、ペルシアといった国が広がっていて、ミレトスは当時の地中海文化のほぼ中心に位置していた。

すると、周辺の異文化人たちがこの地で交流をすることとなる。

それぞれが信じる「神話」の限界が露呈し、「普遍的な真理を明らかにしよう!」という気運が高まるのも必然だといえるだろう。

それから、エーゲ海に面したこの地の人々にとって、「自然」とは特別な存在だった。

ひとたび高台に登れば、その眼前には広大な海が広がっている。

ギリシア神話でも「神々のふるさと」と言われた海である。

この地に生まれ「哲学の粗」と言われたのが、これから紹介する「タレス」という男だ。

彼のもっとも有名な言葉、

「万物の根源は水である」

は、この広大なエーゲ海と深い関係にあるのは間違いない。

解説③「ミレトス学派」を紹介

さて、この「万物の根源」という言葉……

おおかた「倫理」の授業で聞いてなんとなく覚えている、って人も多いのではないだろうか。

これはギリシア語で「アルケー」といって、日本語だと「起源」とか「根源」とか「原理」などと訳され、もう少し平たく言うと「世界を作る基本単位」ということになる。

ミレトスで活躍した哲学者の多くは、この「アルケー」を明らかにしようとした連中だといっていい。

一覧にまとめると、こんな感じ。

哲学者 アルケー
タレス
アナクシマンドロス 無限定なもの
アナクシメネス 気息

実はこの3人、それぞれが師弟関係にある。

まず師のタレスが「アルケー(世界の原理)は“”だよ」と主張する。

それに対して弟子のアナクシマンドロスが「いや、アルケー(世界の原理)は“無限定なもの”です」と反論する。

さらにそれに対して、その弟子のアナクシメネスが「いやいや、アルケー(世界の原理)は気息っすよ」と反論する。

この自由な議論と批判の応酬が、まさしく哲学だと言えよう。

これまでの「神話(ミュトス)」では、「世界は神が作りました」というのが絶対不変の真理であって、そこに反論や批判は許されなかった。

だけどそうではなく、哲学は「論理(ロゴス)」によって「世界」を説明する営みなわけで、この3人のように、

「水だ」

「いや無限定なものです」

「いやいや気息っすよ」

と、忌憚のない議論が許されるというわけだ。

スポンサーリンク

解説④「ミレトス学派」の議論

以下では、それぞれの言い分を簡単に説明しておきたい。

まずタレス「アルケー(世界の原理)は水だ」と主張したのは、水がまさしく「生命の根源」だと直感したからだ。

「水は世界中に満ち満ちている。それに水がなければ、俺たち生き物はカラカラになって死んでしまう」

こうした実感はとうぜん人々に共有されたものだったはずだし、人々の納得や理解を得ることもできただろう。

ただ、弟子のアナクシマンドロスは鋭かった。

「たしかに、水は生命にとって不可欠なものだよね」

と、いったん師匠の意見をくみ取ったうえで、次のように反論を加える。

「だけど、どうして火とか土とかじゃだめなの? それらだって、生命にとって大事なものだと思うけど」

たしかに「アルケーは水だ」いえるなら、どうして「アルケーは火だ」とか「土だ」といえないのだろう。

だからアナクシマンドロスはこういうのだ。

「アルケーは(世界の原理)は無限定なものです」と。

なるほど、こうすれば「水」とか「火」とか「土」とか、特定のものに限定される必要はなくなる。

しかし、そこにアナクシメネスが現れて、師匠にこう反論を加えた。

「無限定なものって、結局なんすか?」

まったくもって、その通り。

「ありがとうアナクシメネス」って感じで、彼は多くの人の「?」を見事に代弁してくれている。

彼の言わんとするところをまとめれば、およそ次のとおり。

「まず、“無限定なもの”なんて誰にもピンとこないものは論外。次に“水”についてだけど、水は生命の根源だし、確かにアルケーっぽい。だけど、水は蒸発したり氷になったり、さまざまに変化をする。その変化の原因は“水”自身にあるとはどうも思えない。その変化をもたらしているのは“大気の温度変化”だ。とすれば、水の変化の根本原因は大気ということになるのではないか」

つまりアナクシメネスによれば「水よりも高次元の原理があり、それが大気だ」というワケだ。

そして彼はこう結論する。

「アルケー(世界の原理)は気息である」

この「気息」というのは、ありていに言えば「空気」であり、ギリシア語では「プネウマ」と呼ばれている。

プネウマは後に、ラテン語で「スピリトゥス」となり、英語の「スピリッツ」の語源となる。

そう、人々にとって「気息」つまり、呼気や吸気というのは生命の根源であり、まさしく「魂」の別名だったのだ。

こう考えてみると、アナクシメネスの主張というのも一理ある。

が、改めて3人の説を並べてみると、現代の僕たちの眼には、なんとも稚拙に映ってしまう。

タレス
「世界の原理は水だ」

アナクシマンドロス
「世界の原理は無限定なものだ」

アナクシメネス
「世界の原理は気息だ」

この主張自体は、まぁ、まちがいなく「真理」とは言えないだろう。

ただ、彼らの仕事は正真正銘の「哲学」だと断言できる

なぜなら、哲学の理念は、次の3つだからだ。

  1. 「神話」を使わずに、誰にでも通用する「抽象概念」で説明すること。
  2. 「世界はなぜ存在しているのか」その根本原理を突き止めること。
  3. 先人の常識にとらわれず、「はじめの一歩」から論理的に考えること。

彼らは常識や神話にとらわれず、論理によって「世界の原理」を明らかにしようとした、最初の哲学者だといえる。

ミレトス出身のこの3人は哲学史において「ミレトス学派」と呼ばれている。

また、後に紹介するヘラクレイトスなどの哲学者を含めて「イオニア自然学派」とも呼ばれている。

スポンサーリンク

解説⑤「ピタゴラス」の哲学

哲学史上、世界で最初に「アルケー(世界の原理)とは何」を問うたのはミレトスのタレスだった。

紀元前600年ころのことである。

実は時を同じくして、はるか西方、イタリアの地でも哲学者が生まれていた

それがピタゴラスだ。

「ピタゴラスの定理」で有名な彼は、魂の浄化を目指して宗教団体を設立し、政治的な影響力も大きかったと言われている。

彼を取り巻く一派は「ピタゴラス学派」と呼ばれ、同時代に活躍した「ミレトス学派」と区別されている。

つまり、ピタゴラスの哲学は、ミレトス学派とは別系譜の哲学なのだ。

では両者にはどんな違いがあるのか。

簡単にまとめると、こんな感じだ。

ミレトス学派
……世界を形作っている「基本単位」を明らかにしようとした。

ピタゴラス
……世界に秩序や調和を与えている「原理」を明らかにしようとした。

ミレトス学派の代表にタレスという人物がいたが、ざっくりと彼の主張を言えば、

世界のあらゆる「存在」は“水”によってできている。

ということになるだろう。

これが有名な「万物の根源は水である」という、例の言葉に現れている。

対するピタゴラスの有名な言葉に「万物の根源は数である」というものがある。

こう聞くと、

ああ、世界のあらゆる「存在」は数でできているのね

と、タレスの哲学の「数バージョン」と考えがちだが、それは大きな誤解である

だって、「世界を作っているのは“数”」って、よくよく考えて意味不明じゃないか。

人間の構成原理は“水”です

これはまあ分かる。だけど、

人間の構成原理は“数”です

これは全くイメージできない。

要するに、ピタゴラスが言いたいのはそんなことではないのだ。

「万物の根源は数だ」という言葉に託した、ピタゴラスの真意、それは、

この世界に秩序と調和を与えているものは“数”である

ということなのだ。

たとえばあなたの目の前に“1つの“リンゴがあったとしよう。

それを目にしたあなたは、すでに「1」という数字を無意識のうちに認めている。

当然そのリンゴをまっぷたつに割れば「2」という数字を、それぞれまっぷたつに割れば「4」という数字を……といった感じで、どんなに細かくしていったとしても、そこにはつねに「数」の秩序が存在している。

それに、1+1の計算は、世界中の誰がやったって2になるではないか。

これは万物の根源が「水」なのか「土」なのかに比べて、はるかに自明で普遍的「真理」だといえる。

ピタゴラスはこの事実に目をつけた。

ちなみに彼が感心を寄せていたものとして「数学」のほかに「音楽」があった。

あの美しいメロディ……

よくよくそれを分析してみると、そこには「音階」と、明晰な「整数比」がある。

どうして人は、音楽に魅了され癒されるのだろう……

それは人間の魂が「数の調和」に癒されているからだ、と彼は考える。

そもそも彼は「魂の浄化」を目指した教団の教祖である。

そんな彼が「世界の原理は数だ」と結論付けるのも納得できる。

  • “数”=誰にでも通用するルール
  • “数”=人々の魂を浄化するもの

ここから彼が出した結論、それが、

「世界に秩序(コスモス)と調和(ハルモニア)を与えているのは“数”だ!」

というものだった。

これが「万物の根源は数である」の真意である。

ちなみにピタゴラスは、哲学史上初「オレは哲学者だ」と自称した人物だと言われている(しかし諸説あり!)。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上、「哲学の始まり」と題して、

  • ミレトス学派の哲学
  • ピタゴラスの哲学

の2つの系譜について解説してきた。

改めて両者の違いをまとめると、

ミレトス学派の哲学
……世界を構成する「基本単位」を明らかにしようとした

ピタゴラスの哲学
……世界に秩序と調和を与えている「原理」を明らかにしようとした

ということになる。

前者が主に「感覚できるもの」(目に見えるものや、肌で感じられるもの)にスポットを当てたのに対して、後者はその「感覚できるもの」の背後にあるものにスポットを当てたのだといえる。

言い換えれば、

ミレトス学派

「世界は何からできているの?」

という問いを立てたのに対して、

ピタゴラスは、

「世界に秩序を与えているのは何なの?」

という問いを立てたのだといえる。

どちらも「この世界が存在することの謎」に取り組んだ点では共通している。

やはり哲学の根っこには、この「世界への問い」があるのだ。

「なぜ世界はあるの?」

「なぜ自分がいるの?」

それらの問いは、

「自分が死んだらどうなるの?」

と言い換えることもできる。

「死」は、遅かれ早かれ誰の元にも訪れる。

だとすれば、それと真正面から格闘した先人の「知」に触れることには、大きな意味があるのではないだろうか。

そんな問題提起をして、この記事を締めくくりたい。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【 哲学史の一覧はこちら 】
1、【ミレトス学派とピタゴラスの哲学】
2、【ヘラクレイトスとパルメニデス】
3、【デモクリトスの原子論】
4、【プロタゴラスとゴルギアスの哲学】
5、【ソクラテスの哲学・思想】
6、【プラトンのイデア論】

スポンサーリンク

オススメ!ー”哲学”をするならー

“耳読書”「Audible」がオススメ

哲学をするなら、”耳読書”「Audible」がオススメ

「読書はしたいんだけど、とにかく時間がない」という人は結構多い。

そんな人には、“聴く読書” オーディブルがオススメ。

オーディブルは近年利用者が急増し、多くの出版社や作家たちから注目されている「本を聴く」サービスだ。

Audibleのメリットは5つ
1 時間を有効活用できる 

2 新しい「文学鑑賞」ができる 

3 貴重な講演が聞ける

4 月額1500円で“聴き放題”

5 30日間 完全無料で試せる

・Audible(オーディブル) HP

家事や仕事で手が離せないときも、オーディブルを利用すれば、有効に読書をすることができる。

「とにかく時間を無駄にしたくない!」

そんな人には、オーディブルは便利でお得なサービスだ。

【 参考記事  芥川賞作家らも注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

「Kindle」で ”効率的” に読書を

哲学をするなら電子書籍の「Kindle」がオススメ。

効率的で快適な読書ができる。

書籍のデジタル化が進む中、読書家にとって手放せないアイテムだ。

kindleのメリットは6つ
1 書籍の品揃えが豊富

2 書籍購入がスピーディー

3 書籍の管理がしやすく 持ち運びが便利

4 安く書籍を手に入れられる

5 Unlimited登録で200万冊以上読み放題

6 Unlimitedは30日間 完全無料 で試せる
Kindle unlimited ホームページ

また「絶版本」も手軽に読めるのもKindleならでは。

さらに「KindleUnlimited」を利用すれば月額980円で200万冊以上が読み放題

「とにかく幅広く読書をしたい」

そんな人には、Kindleは便利でお得なサービスだ。

【 参考記事  2022年版【Kindle】のメリット・デメリット・おすすめ機種を解説!  】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました