解説・考察【デモクリトス】の哲学を分かりやすく ―天才の原子論―

哲学
はじめに

西洋哲学の歴史を解説するこのシリーズ。

【 哲学史の一覧はこちら 】
1、【ミレトス学派とピタゴラスの哲学】
2、【ヘラクレイトスとパルメニデス】
3、【デモクリトスの原子論】
4、【プロタゴラスとゴルギアスの哲学】
5、【ソクラテスの哲学・思想】
6、【プラトンのイデア論】

今回は、「デモクリトス」の哲学について。

彼は古代ギリシアに現れた「異端児」であり「早すぎた天才」と言えるくらい、画期的な哲学を展開した。

それは、ヘラクレイトスとパルメニデスの哲学をいい感じに吸収し、いい感じに昇華した哲学でもあった。

記事ではデモクリトスの「哲学」と「人物像」、そしてデモクリトス「周辺の哲学者」について解説と考察をしていく。

最後まで読めば、デモクリトスの哲学の概要をバッチリ理解することができるはず。

ぜひ、お時間のあるかたは、最後までお付き合いください。

「読書はしたいんだけど、時間がない!」
そんな悩みを持つ人には、”聞く読書” オーディブルがオススメ!

オーディブルの「利便性」「簡単な利用法」については以下の記事で詳しく説明をしているので、少しでも興味のある方は、ぜひ参考にどうぞ。
【  芥川賞作家らも注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

解説①ヘラクレイトスVSパルメニデス

まず、デモクリトスが現れるまでの哲学の流れを、簡単におさらいしておきたい。

哲学のはじまりは紀元前600年頃、イオニアの「タレス」という男に始まる。

彼は「この世界は何で出来ているんだろう」という問いを持った最初の哲学者で「世界の原理(アルケー)は水である」と主張した。

以来、タレスの弟子たちを中心に、多くの哲学者が「世界の原理」を明らかにすべく、活発な議論を展開してきた。

やがて、大きく2つの勢力が現れる。

小アジアを中心とする「イオニア自然学派」と、イタリアを中心とする「エレア学派」だ。

イオニア自然学派の代表格は「ヘラクレイトス」

一方のエレア学派の代表格は「パルメニデス」

ヘラクレイトスは「あらゆる存在はは変化するといった。

パルメニデスは「あらゆる存在はは変化しないといった。

一見して、両者の説は真っ向から対立していることが分かるだろう。

このバッチバッチの「万物流転」VS「万物不変」論争

それぞれの説を、もう少しかみ砕いて言えば

  • ヘラクレイトス……世界は“生成”と“消滅”を繰り返す
  • パルメニデス……世界は常に“不変なもの”として存在している

ということになる。

この両者の主張をいい感じに統合し、「万物流転」VS「万物不変」論争を平定した天才、それがデモクリトスだった。

では、彼は一体、どんな哲学で「流転」VS「不変」論争を、いい感じにまとめあげたのだろう。

結論を言えば、それは「原子論」という、多元的世界観によってである。

デモクリトスの哲学を一言で言い表すと、

万物の根源は原子である

ということになる。

以下、デモクリトスの「原子論」について詳しく見ていきたい。

が、そのまえに、デモクリトスよりも少し早く現れた、2人の哲学者について簡単に紹介しておく。

どちらも、デモクリトスの「原子論」に大きな影響を与えた重要な哲学者だ。

スポンサーリンク

解説②「エンペドクレス」の哲学

しつこいようだけど、ヘラクレイトスとパルメニデスの主張をまとめると、次のようになる。

  • ヘラクレイトス……万物は生成と消滅を繰り返す。
  • パルメニデス……世界はは不変の「一」なるもの。

この「変化」と「不変」という決して交わることのなさそうなものが、いかにして統合できるというのか。

まず現れたのが「エンペドクレス」という男だった。

パルメニデスから哲学を教わった彼は、いったん、師の主張を受け入れる。

「確かにこの世界は不変だ」

その一方で、ヘラクレイトスの言い分にも理解を示す。

「だけど、目の前の世界や現象は、明らかに姿形を変えている」

――不変の世界が、変化しているように見える――

これは一体、どういうことなのだろうか……

そんな問いをもったエンペドクレスは、次のような結論に至る。

「この世界には変化しない“4つの原理”があって、それがくっついたり離れたりしている。だからモノが“生成”や“消滅”しているように見えるのだ」

エンペドクレスによれば、“4つの原理”とは、「土・水・火・風」であり、彼はこの4つを「万物の根(リゾーマタ)」と呼び、決して変化することのない「真に存在するもの」だとした。

イオニア学派風に言えば、

「世界の原理(アルケー)は、土・水・火・風である」

といったところだろう。

繰り返すが、エンペドクレスによれば、世界を作っているのはこの4つの原理であり、これらが結合したり分離したりして姿形を変えているのだという。

つまり、パルメニデスが世界を永遠不変の「一なるもの」として捉えたのに対して、彼は世界を永遠不変の「4つの原理」として捉えたのだった。

こんな感じで、世界を「1つの原理」で説明することを「一元論」と呼び、世界を「複数の原理」で説明することを「多元論」と呼ぶ。

パルメニデスが「一元論」をとなえたのに対して、エンペドクレスは「多元論」をとなえたことになる。

ちなみに、エンペドクレスは、リゾーマタが結合する働きを「愛」と呼び、分離する働きを「憎しみ」と呼んでいる。

彼の眼には、この宇宙は「愛と憎しみ」の支配が交互に繰り返される場として映ったのだろう。

哲学史を学ぶと、偉大な哲学者の多くが「詩人の目」を持っていたことがよく分かる。

スポンサーリンク

解説③「アナクサゴラス」の哲学

エンペドクレスの「多元論」や「結合と分離」といった発想は確かに新しかった。

だけど、「万物の根源は土、水、火、風だ」というのは、タレスの「万物の根源は水だ」的な感があって、やや感覚的であるし、ややもすると稚拙な印象を持ってしまう。

そこで次に現れたのが、「アナクサゴラス」という男。

彼もまた、「世界の原理(アルケー)は複数ある」と主張した。

というよりも「世界の原理は(アルケー)無数・無限にある」といった方が正しい。

彼によれば、

世界の原理は確かに複数ある。だけど、それは4つとか数えられる数なんかなくて、無数・無限にあるのだ。

ということになる。

エンペドクレスはいった。

「世界の原理は土・水・火・風であって、これらはそれ以上に分割はできない」

それに対して、アナクサゴラスはこう反論する。

いや、その4つさえも、さらに無限に分割できるよと。

土も水も火も風も、それらは目に見えない無限の“微粒子”に分割できる。

その無限の微粒子こそが、世界の原理(アルケー)であるとアナクサゴラスは考えた。

この無数の微粒子のことを、彼は「種子(スペルマタ)」と呼んだ。

なるほど。

この、「目に見えない“無限の種子”が、世界に秩序を与えている」という考えは、先のエンペドクレスに比べて、かなり抽象度も増し、高度な思考のように思える。

だけど、やはりこうも思わないか。

世界の原理が「無限」にあるって、どういうこと?

「無限」とは、僕たちを煙にまく、ある種の魔法の言葉だ。

この世界は、目に見えない無限の種子で成り立っている! と言われたところで、それはやはり非現実的だ。

さて、エンペドクレスの「世界の原理は4つ」という主張と、「世界の原理は無限」という主張。

両者の主張を受けてついに表れたのが、デモクリトスだ。

エンペドクレスとアナクサゴラスの説を踏まえて、彼は「原子論」という哲学を打ち立てる。

そして「万物流転」VS「万物不変」論争を、いい感じにまとめあげ、古代ギリシア哲学における「存在論の問題」に終止符を打つこととなる。

スポンサーリンク

解説④「デモクリトス」の人物像

トラキア地方のアブデラ出身。

とにかく、古代ギリシアきっての大天才で、哲学以外にも数学や天文学、音楽、詩学、倫理学、生物学など万学に通じていた。

詳しくは後述するが、彼の哲学は「原子論」といったもので、その世界観は近代科学の世界観とほぼ同じ。

「この世界に存在するのは原子だけだ」

こう述べる彼にとっては“神”もいなければ“異界”も存在していない。

要するに、徹底した「無神論」をデモクリトスは説いた訳だ。

ただご存知の通り、古代ギリシアのビッグネームである、「ソクラテス」とか「プラトン」とか「アリストテレス」といった連中は、皆が皆「魂」の実在を信じていた。

特に、プラトンなんかは「イデア界」という異界の存在を説いていたわけなので、「世界には原子しかありませんよ」といったデモクリトスの無神論には猛烈に反発し、デモクリトスの書を焼き払おうとした程。

つまり、デモクリトスは古代ギリシアにおいては、正真正銘の「異端児」として映ったのだった。

それでも彼は変わることなく、こう説いてまわった。

「世界には原子しかない。魂なんてのも、死後の世界なんてのもありはしない」

そして、こう結論する。

「だから、死んだらおしまい。生きている今が全てなんだよ」

そんな信念を持つ彼だが、ペシミズム(悲観主義)とかニヒリズム(虚無主義)とは無縁の人生を送った。

むしろ「人生を楽しんだもんがち」くらいの楽天家で、とっても快活だったので「笑う人」とも呼ばれている。

しかも、当時の寿命を考えればとんでもなく長生きで、90歳から100歳くらいは生きたと伝えられている。

スポンサーリンク

仮説⑤「デモクリトス」の哲学

デモクリトス以前の哲学者として、エンペドクレスとアナクサゴラスの「多元論」を紹介した。

彼らはそれぞれ、

「世界の原理(アルケー)は土、水、火、風のリゾーマタだ」

「世界の原理(アルケー)はスペルマタという無数の種子だ」

と説いた。

デモクリトスは、後者、アナクサゴラスの弟子であり、師から「世界の原理は無数にある」という「多元論」を引き継いだ。

さらに、デモクリトスにはレウキッポスという友人がいた。

実はあまり知られていないのだが、もともと「原子論」の原型というのは、友人のレウキッポスが唱えたものだった

デモクリトスの「原子論」は、レウキッポスの「原子論」を深化拡充し完成させたものなのだ。

デモクリトスは言う。

「世界の原理(アルケー)は、原子(アトム)である」

原子というのは無数に存在していて、それ以上分割できない実体のこと。

唐突だが「リンゴを小さくしていくところ」を想像してみてほしい。

まず2つに割って、さらにそれを4つにして、8つ、16、32、64……

そんな感じで、どんどん小さくしていったとき、最後の最後に「これ以上は分割できません」というモノが残る。

デモクリトスはそれを原子と呼び、世界にはそんな原子が無数に存在しているという。

そしてその原子が運動し、結合したり、分離したりすることで、世界は姿形をかえていくのだ、と。

ふたたび唐突なのだが「ビリヤード」を想像してほしい。

原子を「ビリヤードの玉」に例えれば、それがぶつかり合う「ビリヤード台」というのが必要なことが分かる。

その「ビリヤード台」というのは、要するに原子同士が運動し合う「場」のことだ。

デモクリトスは、原子同士が分離・合体する場のことを「空虚(ケノン)」と呼び、原子同士の「運動の原理」とした。

彼のいう「空虚」とは、現代でいうところの「空間」だと思ってくれればいい。

デモクリトスは、原子だけあっても、それが運動するためには、さらに「他の原理」が必要だと考えた。

要は「ビリヤードの球だけあっても、ビリヤード台がなければ、玉は運動できないよね」というわけだ。

この「原子(アトム)」と「空虚(ケノン)」について、デモクリトスはこんな言葉で説明している。

ないものは、あるものに劣らず存在している。

「ないもの」というのは空虚のこと。

「あるもの」というのは原子のこと。

つまり、彼にとって実在するのは「空虚」と「原子」だけ、というわけだ。

以上がデモクリトスの「原子論」の説明となる。

ここで思い出して欲しいのは、ヘラクレイトスVSパルメニデスの議論だ。

「世界は変化している!」と言ったヘラクレイトス。

「いや、世界は不変だ!」と言ったパルメニデス。

そしてデモクリトスは言う。

「原子は不変だ。その不変の原子が合体と分離を繰り返すことで、世界は変化しているように見えるのだ」

パルメニデスの「一元論」を踏まえつつ、ヘラクレイトスの「変化」にも説明を与えている。

デモクリトスは両者の意見をうまくくみ取り、なんら矛盾のない形で新たな説を生み出したといえる。

ちなみに、デモクリトスの哲学は「原子論的唯物論」と呼ばれている。

唯物論というのは「世界には物質しか存在していない」という考えのことだ。

これは、のちのち「近代科学」の世界観に通じていく画期的な発想なのだけれど、前述したとおり、デモクリトスは古代ギリシアにおいて「異端思想」として糾弾されてしまうことになる。

彼が再発見されるのは、もう少し先の話。

デモクリトスは「速すぎた天才」ともいえる哲学者なのである。

スポンサーリンク

まとめ

以上「デモクリトス」を中心に、古代ギリシアに生まれた「多元論」について解説をしてきた。

ここまでを図にすると、こんな感じになる。

・パルメニデス
……存在するのは「一なるもの(オン)」

・エンペドクレス
……存在するのは「土、火、水、風のリゾーマタ」

・アナクサゴラス
……存在するのは「無数の種子であるスペルマタ」

デモクリトス
……存在するのは「原子(アトム)

これで、古代ギリシアにおける「アルケー論争」はいったん終了となる。

というのも、アルケー論争というのは、どうやって証明することができなかったのだ。

では、この中で誰が一体正しかったのだろうか

「近代科学」の知から見れば、デモクリトスの説が圧倒的に正しいように見える。

なぜなら、電子顕微鏡とかで物質を観察・分析してみれば、彼が言ったとおり「分割不可能な素粒子」を認めることができるからだ。

とはいえ、その世界観だって、結局のところいつ覆るか分からない世界観だ。

新たな説が生まれば、世界観なんて180度変わってしまうのが哲学や科学の世界だからだ。

天動説から地動説へ、ニュートン力学からから量子力学へ。

そんなふうに「今日の常識」が「明日の非常識」になるってことは、歴史が証明してきた。

とすれば、もし「世界とは何か」を知りたければ、僕たちは古代の先人たちに習わなければならない。

「世界とはこうだ!」と安易に結論を出して、思考を停止してはいけない

「世界って何?」

「なぜ世界は存在してるの?」

「やっぱり世界は不可解だ!」

そうした疑問や驚きを忘れることなく、「なんで?」という飽くなき好奇心と探究心をもって、

誠実に議論をしていく姿勢が大事なのだろう。

以上で記事はおしまいです。

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。

【 哲学史の一覧はこちら 】
1、【ミレトス学派とピタゴラスの哲学】
2、【ヘラクレイトスとパルメニデス】
3、【デモクリトスの原子論】
4、【プロタゴラスとゴルギアスの哲学】
5、【ソクラテスの哲学・思想】
6、【プラトンのイデア論】

スポンサーリンク

哲学は「Audible」で

哲学を学ぶなら、効率のよい” 耳読書 ”がおすすめ。

「読書はしたいんだけど、とにかく時間がない」という人は結構多い。

そんな人には、“聴く読書” オーディブルがオススメ。

オーディブルは近年利用者が急増し、多くの出版社や作家たちから注目されている「本を聴く」サービスだ。

Audibleのメリットは5つ
1 時間を有効活用できる 

2 新しい「文学鑑賞」ができる 

3 貴重な講演が聞ける

4 月額1500円で“聴き放題”

5 30日間 完全無料で試せる

・Audible(オーディブル) HP

家事や仕事で手が離せないときも、オーディブルを利用すれば、有効に読書をすることができる。

「とにかく時間を無駄にしたくない!」

そんな人には、オーディブルは便利でお得なサービスだ。

【 参考記事  芥川賞作家らも注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました