芥川賞

芥川賞

2000年代「芥川賞」おすすめ10選 ―個性派ぞろいの作家たち―

2000年代芥川賞作品。その顔ぶれは超豪華。ここで受賞した多くの作家たちが今の文学を牽引していて、すでに選考委員として“重鎮”レベルにある作家も少なくない。そんな2000年代の受賞作を10作品に厳選して紹介する。
芥川賞

1990年代「芥川賞」おすすめ6選 ―現代女流作家の躍進―

1980年代の芥川賞は「受賞作なし」が連発した「暗黒の10年」だったが、1990年代になると優れた作品が次々と登場してくる。特に 女流作家の躍進がめざましい。この記事では、そんな1990年代の芥川賞作品のオススメを6作品に厳選して紹介したい。
芥川賞

1980年代「芥川賞」おすすめ3選―空前絶後の❝暗黒時代❞―

芥川賞史上、1980年代というのは「受賞者なし」が連続する空前絶後の❝暗黒時代❞だと言える。それでも少なからず傑作と呼ばれる作品が存在する。この記事では そんな1980年代から3つの作品を厳選して紹介したい。
芥川賞

1970年代「芥川賞」おすすめ6選―文学に吹く新しい風―

芥川賞史上、1970年代というのは戦後生まれの作家が現れ、前衛的な作品が増え始めた時代だといっていい。この記事では そんな1970年代から6つの作品を厳選して紹介したい。
芥川賞

1960年代「芥川賞」おすすめ7選―女性作家の台頭―

芥川賞史上、1960年代というのは女性作家の台頭が著しく、またライトで軽妙な作品が増え始めた時代だといっていい。この記事では そんな1960年代から7つの作品を厳選して紹介したい。
芥川賞

1950年代「芥川賞」おすすめ9選 ―戦後文学の全盛―

芥川賞史上、1950年代というのは ノーベル賞級の作家たちがしのぎを削った全盛の時代だといっていい。この記事では そんな1950年代から9つの作品を厳選して紹介したい。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました