解説・考察・あらすじ『ユーレイ』(辻村深月)ー「YOASOBI×直木賞」企画 ー

文学
はじめに「バイアスなしで解説!」

 この記事はネタバレを含みます!

本書『はじめての』は、4人の直木賞作家による短編集だ。

島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都……

どれも今のエンタメ文学を牽引する、超売れっ子作家だ。

そんな売れっ子作家と、人気アーティストとのコラボ企画で生まれた本書

【YOASOBI×直木賞企画】『はじめての』解説記事はこちら
1、解説・考察・あらすじ『私だけの所有者』(島本理生)
2、解説・考察・あらすじ『ユーレイ』(辻村深月)
3、解説・考察・あらすじ『色違いのトランプ』(宮部みゆき)
4、解説・考察・あらすじ『ヒカリノタネ』(森絵都)

ちなみに、僕はその楽曲は1回たりとも聞いていない。

ということで、この記事は、楽曲によるバイアス一切なしで書かれている。

特に「考察」の部分に関しては、ひょっとして、楽曲とは全然違う解釈となっているかもしれないけれど、それはそれとして読んでいただければ嬉しい。

以下、『ユーレイ』(辻村深月)ついて

  • テーマ
  • 登場人物
  • あらすじ
  • 考察

の4項目について書いていこうと思う。

それでは、ぜひ、最後までお付き合いください。

読書をするなら” 耳読書 ” オーディブルがオススメ。今なら初月無料で、なんと12万冊以上が「聞き放題」!
初月無料! 退会も簡単!
オーディブルに興味がある方は【 芥川賞作家らが注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

テーマについて

「はじめて家出したときに読む物語」

「家出」という非日常の中で出会った「奇跡」

悲しみ、絶望、孤独、その先で主人公が見つけたのは、確かな感触を持つ「優しさ」だった。。

読者の予想を“2度”裏切る、こころ温まるファンタジー小説

登場人物について

海未(私)
……物語の語り手の女子中学生。いじめが原因で自殺を決意し家出。電車にのって見知らぬ駅で降り、真夜中の海にたどり着いた。そこで、不思議な女の子(のどか)と出会い、季節外れの花火をする。のどかに自分の心のうちを告白できたことで、自殺を思いとどまる。
のどか
……女子中学生。真夜中の海で、海未の前に現れた不思議な女の子。母親に怒られたことで家を飛び出してきた。「ノースリーブのワンピースに裸足」という格好は季節外れで、海未に「ひょっとして、ユーレイ?」と疑われる。海未と花火をする中で、自殺しようとする海未を引き留めた。
女の子
……「海未」と「のどか」に見えた(気がした)女の子。水難事故で亡くなっている

スポンサーリンク

あらすじ(800字)

主人公「海未」は、中学校の同級生や吹奏楽部の部員たちからの「いじめ」を苦に、家出と自殺を決意し、1人電車に揺られていた。

電車の窓から見えたのは海。

――夜の海って、そういえば見たことがない。

そう思った海未は、見知らぬ駅で下車し、真夜中の海にたどり着く。

海に入って死ぬことを考えた海未だったが、そこで女の子(のどか)から声を掛けられる

その女の子は「ノースリーブのワンピースに裸足」という季節外れの格好をしていて、どこか現実感に乏しい。

海未は、その女の子に誘われるまま、しけった花火をする。

花火をしながら「ひょっとして、ユーレイ?」という疑いを深めつつも、海未は「自殺する覚悟」を女の子に伝える。

女の子は「凄く苦しいよ」「少なくとも今日はやめた方がいい」と海未を止める。

海未が女の子に「朝までそばにいて欲しい」と懇願すると、彼女は海未の気持ちに応えてやる。

「(この子が)ユーレイかどうか、もう確かめなくてもいい」海未はそう思いつつ、いつの間にか眠りに落ちていた。

朝の日が差し、海未は目を覚ました。

そこで見たものに、海未は「え?」と息を吞む。

ユーレイだと思っていた女の子が、コンクリートの上で寝ていたのだ。

しかも女の子は、昨晩の幻想的な雰囲気がまるで嘘みたいに生活感たっぷりの体

拍子抜けした海未だったが、改めて女の子に「自殺しようと思った経緯」を語る。

海未の話を、決して深刻に考えようとはしない女の子の態度に、海未の心は軽くなっていく。

「死ななくて良かった」

そう思えるようになった海未に、女の子はふいにこう口にした。

「昨日、本当にひとりだった?」

彼女によれば、自宅マンションの4階ベランダから海を見下ろしたとき、海未の横にもう1人女の子が立っていたのだという。

「何をしているんだろうと」不思議に思って見ていると、その子がこちらを見て手招きをしたらしい。

その話を聞いた海未は、改めて水難事故で亡くなった女の子に思いをはせる。

そして、その子が自分を「自殺」から救ってくれたのだと感じ、女の子に感謝した。

スポンサーリンク

考察「作品における“眼差し”」

主人公の「海未」は中学でいじめにあっている。

その理由は「先輩の好きな人をバラしたから」という子供じみたもの。

それは海未にとっては全くの濡れ衣であって、しかも、その先輩らは結果的に付き合うことができたらしく「めでたしめでたし」の図。

それは「のどか」も、

「うわあ……、しんじられないくらい頭が悪い」

と、げんなりするほどの事件だったワケが、いじめを受けた「海未」の心には深刻な傷を与えることになった。

次に引くのは、作品の冒頭だ。

電車は、夜の合間を縫うように走っていく。

窓の外を流れていく景色から昼間の光りが失われていくのを、私はぼんやりと眺めていた。

ここには、海未の「孤独」「絶望」を象徴的に描かれている。

光が「希望」だとすれば、闇は「絶望」

海未が乗る電車がゆっくりと闇に飲み込まれていくように、海未もまたゆっくりと「死」に近づいていく。

そんな海未を、最終的にこの世につなぎ止めたのは「のどか」だった(間接的にきっかけを作ったのは「女の子の霊」だったわけだが)。

海未はのどかとの交流を通して、彼女との「つながり」というものを意識していく。

そして、その「つながり」を意識させたもの、それが「のどかの眼差し」だった。

物語の中では、のどかの眼差しが何度も何度も描かれている。

次に引くのは、のどかが登場した場面だ。

「ひとり?」

「……ひとり」

呆気に取られて、弾みで頷いてしまう。彼女はじっと私の顔を見つめ、少しだけ何かを考えるように黙った後で、「そっか」と頷いた。

その後も、のどかの“眼差し”はこんな風に書かていく。

彼女の目は相変わらず、花束の方をみないままだ。私の顔を正面から見つめ、彼女が言った。

彼女が花火から顔を上げる。私と目が合う

同じ高さに屈んで花火を持ったまま、その子の目が無言で私を見つめ続けていた

この時点では、海未は依然として「この子は、本当はユーレイなのでは?」と疑っている。

ただ、海未は間違いなく、のどかの「眼差し」に、彼女の「存在」や「実在」というものを感じているはずなのだ。

だからこそ、海未は、のどかに自らの思いを告白するのだし、「朝までは、そばにいてくれる?」と訴えかけるのだといえる。

海未がのどかの「眼差し」を強く意識するのは、次の場面においてだろう。

「やめなよ、少なくとも、今日は」

目の前で、その子が言った。さっき会ったばかりなのに、真剣な眼差しで、彼女が私をきちんと見ている。もう誰も、私に向けることはないと思っていた真っ直ぐな視線

ここから分かるのは、いじめが海未に「みんなにとって自分は価値のない存在なのだ」という意識を与えたことだろう。

そんな彼女の孤独に初めて寄り添ってくれたのが、のどかの「眼差し」だったのだ。

朝目覚めた海未は、のどかが「ユーレイ」じゃなかったことを知る。

そこで書かれるのもまた、「まなざし」の存在感だった。

「おはよう」

「え、ちょ……どういうこと?」

私は激しく動揺したまま、彼女の顔を見つめ返す。海に弾かれた日差しを映した瞳がきれいなビー玉みたいに透き通っている。その目がちゃんと、ここにある

のどかの「まなざし」は、太陽の日を受けて、ありありとした実在性を放っている。

そしてその「眼差し」が、海未に「のどかとのつながり」を意識させてくれた。

作品のラストでは、海未がのどかとのつながりの「確からしさ」を実感する。

彼女が私の腕を引く。その手に確かな質感と、温度がある。その感触に、ああ――と、思う。空を振り仰ぎたい気持ちになる。

そして、さいごに海未はこう思うのだ。

この子が「ユーレイ」じゃなくて、よかった。

闇を抜け、朝の光につつまれた海未。

人との「つながり」を信じることができた海未。

海未はもう、昨日までの海未じゃない。

これから海未は、きっと強く生きていける。

スポンサーリンク

おわりに

以上、『ユーレイ』の考察と解説を終えたい。

ご存じの通り、この作品は人気アーティストYOASOBIとのコラボ企画で誕生したものだ。

正直、僕は、彼らの”これまでの”楽曲の「オリジナル」を極力読まないようにしてきた。

というのは、大ヒット曲「夜にかける」のオリジナル作品を読んだとき、妙に鼻白んでしまったからだった(ファンの皆さんごめんなさい)。

つまり、楽曲とオリジナルとのギャップを感じてしまったのだ。

だから、僕がこの本書を手に取ったのには、この4人の作家への信頼がある

僕はこの4人の直木賞作家の作品を多く読んできたし、彼らが紡ぎ出す世界観を信頼している。

そして、この短編集は、そんな僕の信頼にこたえてくれるものだった

文学好きの人にとっても、音楽好きの人にとっても、この記事があなたの何かの参考になったなら嬉しいです。

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

本を読むなら……

すきま時間をつかって、効率よく読書をしようと思うなら、” 耳読書 ”オーディブルがオススメ

ここ数年利用人口を増やしている「Audible」は、出版社だけでなく現役の芥川賞作家らからも注目されている

Audibleのメリットは4つ
1 時間を有効活用できる 

2 新しい「文学鑑賞」ができる 

3 貴重な講演が聞ける

4 月額1500円で“聴き放題”

いま、なぜAudibleが出版業界や現役作家らから注目されているのか。

その辺りのことを以下の記事で紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしていただければと思う。

【 芥川賞作家らが注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました