スポンサーリンク
芥川賞

【ハートウォーミング・日常系】おすすめ芥川賞作品 5選 ―中級編①―

芥川賞と聞くと「とっつきにく」と感じる人は多いかもしれない。とはいえ歴代の受賞作の中にも「何気ない日常」を切り取った、親しみ深い作品というのがある。この記事では、そんな中から「優しい作品」「明るい作品」「温かい作品」を厳選して紹介したい。
芥川賞

【テーマが深い】おすすめ芥川賞作品5選 ー初級編②ー

芥川賞作品を何冊か読んで「もっと他の受賞作を読みたい」「もっと読み応えのある作品にチャレンジしたい」と思っている人も多いだろう。そんな人たちに向けて、「テーマが深い」かつ「おもしろい」作品を5つ厳選してみた。
芥川賞

【本当におもしろい】おすすめ芥川賞作品5選 ー初級編①ー

「芥川賞」とは、日本でもっとも有名な文学賞である。「芥川賞くらい読まなきゃな」という人も多いと思うのだが、「何を読んだらいいか分からない」という人も多いと思う。そこで、今回は歴代受賞作の中から、読みやすくて面白い作品5つを厳選して、ランキング形式で紹介しようと思う。
作家

「二葉亭四迷」の人生・言文一致をわかりやすく解説―『浮雲』を中心に―

二葉亭四迷は「写実主義」を完成させた、日本近代文学史におけるレジェンドだ。この記事では、そんな彼の「人生と人物像」について紹介し、彼の一番の業績である「言文一致運動」や代表作『浮雲』について徹底解説・考察をする。
作家

坪内逍遥『小説神髄』の文学論を解説―写実主義・日本文学とは何か―

坪内逍遥は日本文学のパイオニア的存在だ。この記事ではそんな彼の「写実主義」という文学的立場について解説する。また「そもそも文学とは何か」、「日本文学はどのように生まれたか」、「森鷗外との没理想論争」についても解説する。
宗教

『古事記』(神産み)の世界観・人間観をわかりやすく解説・考察

日本最古の歴史書『古事記』 そこには 日本人の世界観や人間観、そして宗教観、死生観なんかが色濃く表れている。そんな『古事記』の中から、特に「神生み」伝説を取り上げたい。そして、ストーリーをできるだけ分かりやすく紹介し、この伝説が一体何を意味しているのかについて解説したい。
宗教

『古事記』(天地開闢・国産み)の世界観・人間観を解説・考察

日本最古の歴史書『古事記』 そこには 日本人の世界観や人間観、そして宗教観、死生観なんかが色濃く表れている。そんな『古事記』の中から、特に「天地開闢」と「国生み」伝説を取り上げたい。そして、ストーリーをできるだけ分かりやすく紹介し、この伝説が一体何を意味しているのかについて解説したい。
その他

「美しいとは何か」の哲学・心理学―なぜ美しいと感じるのかを解説―

長い歴史の中で、多くの哲学者や科学者が「美とは何か」を突き止めようと奮闘してきたわけだが、その答えは今もなお出ていない。「美」とは、それだけ難解な概念なのだ。この記事では、そんな「美」について書いてみようと思っている。
宗教

『古事記』(天岩戸)の世界観・人間観をわかりやすく解説・考察

日本最古の歴史書『古事記』 そこには 日本人の世界観や人間観、そして宗教観、死生観なんかが色濃く表れている。そんな『古事記』の中から、特に「天の岩戸」伝説を取り上げたい。そして、ストーリーをできるだけ分かりやすく紹介し、この伝説が一体何を意味しているのかについて解説したい。
芥川賞

2010年代「芥川賞」おすすめ10選 ―バラエティ豊かな傑作たち―

2010年代芥川賞作品。この辺りになると 読者の記憶にも新しいだろう。改めて受賞作について振り返ってみると そのテーマ・文体・演出も様々だ。そんなバラエティに富んだ2010年代の受賞作品について、そのあらすじや魅力について紹介していきたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました