日本語の特徴を解説・考察!―日本文化の人間観と世界観を解明―

言葉
言葉に表れた「人間観・世界観

言葉には その言語圏の人々の人間観や世界観が現れている。

たとえば、

――友人に兄弟がいる――

その事実を知ったとき、多くの人はこう質問する。

「へー、それ弟? それとも兄ちゃん?」

僕たちは、友人の「兄弟」が自分より年下なのか年上なのかを妙に気にしてしまう。

実は、これ、極めて日本人的な傾向である。

逆に言えば、英語圏の人々は、友人の兄弟が「弟」なのか「兄」なのかはさほど気にしない

では、なぜ日本人は、友人の「兄弟」が自分より年下か年上か気にするのだろうか。

考えられる理由は、「弟」には気を遣わずに済むけれど、「兄」には失礼のないように気を遣わなければならないからなのだろう。

それはつまるところ、「年功序列」という、日本特有の倫理観の表れだといっていい。

なお「年功序列」というのは、江戸時代に根強く定着した「儒教道徳」の1つである。

さて、そのことを踏まえて「日本語」と「英語」とを比較した時、そこに興味深い事実が浮かびあがってくる。

日本人にとって当たり前の「弟」「兄」といった言葉だが、英語では両者を「brother」とひとくくりにしてしまうのだ。

つまり英語には、「弟」のみを表す単語も、「兄」のみを表す単語も存在していないのである。

実際に、僕の友人のアメリカ人(日本在住歴20年)に、

「友達の兄弟が年下か年上って気にならないもんなの?」

と率直に聞いたところ、

「ああ、別に。でも日本人って気にするでしょ?」

と、僕の期待通りの返答をしてくれた。

ちなみに彼らは、どうしても「弟」を示したいときには「younger brother」といい、「兄」を示したいときには「elder brother」というらしいが、それもあまり一般的ではないらしい

こんな風に、言語にはその言語圏の「文化」というのが色濃く表れている

もっといえば、言語には、その言語圏の「人間観」や「世界観」が色濃く表れているのだ。

この記事では、日本語に見られる日本人の人間観・世界観について解説をしていきたい。

参考にした本はこちら。

『日本語文法の謎を解く』(金谷武洋)

副題は

―「ある」日本語と「する」英語―

である。

では、日本人はどのように「世界」を認識しているだろう。

「ある」言語とは、一体どのようなものなのだろう。

ぜひ、最後までお付き合いください。

「読書はしたいんだけど、時間がない!」
そんな悩みを持つ人には、”聞く読書” オーディブルがオススメ!

オーディブルの「利便性」「簡単な利用法」については以下の記事で詳しく説明をしているので、少しでも興味のある方は、ぜひ参考にどうぞ。
【  芥川賞作家らも注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

日本語に「主語」はない?

ところで、あなたはこんな話を聞いたことがあるだろうか。

――日本語には主語がない――

「日本語学をかじったことがある」って人、あるいは、「人並み以上に日本語に興味がある」って人じゃない限り、おそらくは聞いたことはないかもしれない。

なぜなら、僕たちは、小学校や中学校の国語の時間で次のように教わるからだ。

「日本語には、主語と述語というものがあります。その他にも修飾語とか接続語とかがあって……」

そう、みんなが大嫌いな文法の授業である。

「その中でも、特に「主語」や「述語」が重要な働きをしています」

そう説明したあと、確か先生は次のように説明していたはずだ。

「そして、日本語の主語というものは、多くの場合省略されます

確かに、日本語には「主語」がないものが多い。

「週末なにしてた?」

「一日中寝てたよ」

こんな会話は、日常の中でよく耳にするが、

あなたは週末なにしてた?」

私は一日中寝てたよ」

なんて会話は、耳にしない(文法書の中で目にするかもしれない)

確かに、日本語の主語というのは、多くの場合「省略される」のかもしれないが、それは一方でこんな風に考えることもできる。

そもそも、日本語に主語なんてないのではないだろうか。

こうした主張を「主語不要論」といい、そうしたことを主張する「主語不要論者」というのは、日本語学界隈に一定数いる。

スポンサーリンク

日本語は「行為者」不在の言語

「日本語に主語はいらない」と主張する人を、主語不要論者といった。

詳しくはこちらの記事日本語に主語はない?主語不要論を解説—総主論争、ウナギ文、こんにゃく文より—でまとめている。

『日本語文法の謎を解く』を著者の金谷氏もまた日本語不要論者の1人である。

彼は本書において、日本語と英語と徹底的に比較し、日本語にとっていかに「主語」という概念が不自然であるかを述べている。

たとえば、こんな場面を考えてみてほしい。

車の車窓から、下の図のような美しい富士山が見えたとしよう。

英語話者の場合、

「I see Mt FUJI!」

と、富士山を見た感動を表すだろう。

それに対して日本語話者の場合なんと言うだろう。

「わたしは富士山が見えます」

などと感動を表す日本人はまずいない。

おそらく多くの日本人であれば、

「富士山が見えた!」

というのが、一般的だろう。

いや、なんならそれさえも不自然に聞こえる。

このシチュエーションにおいて最も自然な日本語は、

「富士山だ!」

だと言っていいだろう。

さて、上記の英語「I see Mt FUJI!」と日本語の「富士山だ」とを比べたときに言えることとはなんだろう。

真っ先に言えるのは「主語の有無」だと思われるが、ここでは視点を少しだけ変えてこう言い直してみたい。

「英語には行為者(人)がいて、日本語には行為者(人)が不在である」

つまり、「「I see Mt FUJI!」という英語には、その行為者「I(私)」がいるのに対して、「富士山だ」という日本語にはその行為者がいない。

これは、上記の例文に限らない。

たとえば、中学校の英語の授業を思い出してみてほしい。

「I play tennis」を訳しなさい。

そう言われた僕たちは、「私はテニスをする」と訳してきたワケだが、よくよく考えてこれってとても不自然な日本語ではないだろうか。

そもそも、こうした不自然な日本語に出会うのは日常会話ではなく、決まって英語の授業中だった。

「私は日本人です」も

「私はペンを持っています」も

「私はピアノを弾きます」も

これらは「英語の和訳文」であるが、そのどれもが「主語“私”を入れた直訳文」であって、しかもそのどれもが日常生活では まず使うことのない不自然な表現ばかりである。

英語に必要な「行為者“I”」は、多くの場合日本語には不要なのである。

愛情表現を例に考えてみても分かりやすい。

英語話者は愛する人に「I love you」と言うが、日本人は大切な存在に対してどんな言葉を向けるだろう。

少なくとも「私はあなたを愛しています」ではない。

たぶん最もスタンダードな愛情表現は「大好きだよ」だと思うのだが、このとき、

私はあなたが大好きだよ」

などといったら、なんとなく「AI(人工知能)」みたいに無機質な印象を相手に与え、伝わるモンも伝わらなくなってしまうだろう。

やはり、日本語には「私」という「主語」は、どうにもおさまりが悪いのである。

以上のように、日本語とは基本的に「主語」がしっくりこない「行為者不在の言語」だといえる

スポンサーリンク

「ある」日本語と「する」英語

改めて本書の副題を確認したい。

ーー「ある」日本語と「する」英語ーー

である。

  • 「ある」日本語
  • 「する」英語

実はこの表現は、先ほど確認した

  • 「行為者不在」の日本語
  • 「行為者必要」の英語

といった点とキレイに対応している。

英語には、「行為者」つまり「主語」が欠かせない。

日本語は、「行為者」つまり「主語」を入れると、かえって不自然になってしまう。

それは先にふれた、「I see Mt FUJI!」と「わたしは富士山が見えます」を見ればわかる。

こういった事情を踏まえて、筆者はこう主張する。

英語は、行為者(私)が「する」ということを前面に表現する言語である。
日本語は、そういう状況がそこに「ある」ことを表現する言語である。
英語は、行為者である「主語」が不可欠な言語である。
日本語は、行為者である「主語」を極力表現しない言語である。

この特徴は、物事の成り行きに対する認識の違いとしてあらわれてくる。

たとえ話をしよう。

いま、あなたにはとっても大好きな恋人がいて、なんとしてもその人と結婚したいと思っていたとする

だけど、あなたの両親は2人の結婚に猛反対。

「どうしても結婚するっていうんなら、今日かぎりで親子の縁を切る。おまえみたいなやつは、さっさとこの家から出ていけ!」

「おう、縁でも何でも切りやがれ! だれが何と言おうと、俺たちは結婚するんだ!」

そうやって家を飛び出たあなた、強い決意のもと遂に結婚を成し遂げる。

そんなあなただが、その晴れがましい披露宴の冒頭スピーチで、きっと次のようにいうだろう。

「このたび、わたしたち2人は結婚することとなりました

……だから、なに? という感じだろうか。

では、もう少し。

まったく同じシチュエーションで、次のように言った場合どうだろう。

「このたび、わたしたち2人は結婚することにしました

うん、確かに結婚に至るまでのプロセスを考えた場合、「結婚することにしました」といったほうがピッタリだ。

なのにこの表現は、どこかフォーマルに似つかわしくない、鼻につく響きがあるように思わないだろうか。

それは、結婚「する」という表現が、日本語には似つかわしくないからだ。

日本語にとっては、「結婚することとなりました」という表現のほうがふさわしい。

そして改めて意識してみると、この「~となりました」という表現は日本語にとても多い。

「1000円いただきましたので、おつりは500円となりますとか、

「きみたちのクラスの担任をすることとなりました、山田です」とか、

「今回のプロジェクトは、わたくしの案で進めることとなりましたとか。

これらの表現の背後にあるのは、

「ぼくの意志とは無関係に、自然のなりゆきでそうなったんだよ」

といった思いである。

日本語では、ある事態を説明する上で、

「ぼくがしたことじゃない」

ということを強調する。

そして、今の状況はあくまでも「自然の成り行き」であり、自分にはあずかり知らない不可思議な「自然の原理」「自然のはたらき」によってもたらされたものだ、ということを確認しているのである。

 ほら。

日本語はやっぱり徹底して「行為者」であるところの「私」を消そうとするのだ。

「私が~する」といった表現は、日本語的ではない。

徹底して「行為者」を明示しようとする英語と比べれば、その性格はまったく異なっているのである。

以上をまとめるとこうなる。

【日本語】
=行為者不在の言語
=出来事を「自然の成り行き」と捉える言語
「ある言語」
【英語】
=行為者必要の言語
=出来事を「人間の行為の結果」と捉える言語
「する」言語

スポンサーリンク

日本語に表れた「悲しみ」

このように日本人は、「自分自身のコントロールがおよばない自然の原理」についての意識がとても強い。

さらに、ものごとの成り行きは、その「自然の原理」にゆだねられているという発想が、日本語の根っこにある。

それは、つまるところ、「人間の無力感」「あきらめの思い」「いさぎよさ」へとつながっている。

こう聞くと、なんとなく「武士道とは死ぬことと見つけたり!」といった「葉隠」の有名なセリフを思い出しはしないだろうか。

また、桜が散ってしまうはかなさに、こころが動かされる日本人の感性と、どこか通じる部分があると思わないだろうか。

唐突だが、日本人が別れ際にいう挨拶「さようなら」

じつはこの「さようなら」も、「自然の原理に対するあきらめの思い」から発せられた言葉だと言われている。

「さようなら」の元のかたちは、「さようならば」、つまり「それならば」である。

「(分かれなくちゃいけない)そういう成り行きならば(それならば)、しかたないよね。ぼくたちにはどうすることもできないよね。ぼくたちはそれを受け入れなくちゃいけないね」

コントロールできない現実と、自らの無力さ、それらをかみしめつつ、ぐっとこらえて口からこぼれ出てきてしまう言葉。

それが「さようなら」だというのだ。

これは英語の「Good bye」や「See you」などと比較すると、その違いは明確だ。

「Good bye」は「God be with you」が縮まったもので「神のご加護があらんことを」的な意味を持ち、相手の前途を祝福する語である。

「See you」は「また会おうね」といった意味であり、相手との再会を前提とする語である。

要するに、どちらも「別れ」に対してポジティブなのだ。

それに対して日本語の「さようなら」の根底には「あきらめ」や「かなしみ」といった感情が底流している。

――自分にはどうしようもない自然のなりゆき——

自分たちはそれに従うしかないのだ、

自分たちはその悲しみを引き受けていくしかないのだ、

そうしたある種の「しめった感情」が日本語の「さようなら」に底流している。

ここにも、筆者の主張、すなわち、

日本語は「ある」言語、英語は「する」言語

という言語観が如実に表れていると言ってよいだろう。

なお、「日本人と悲しみ」については、以下の記事で詳しく考察しているので、気になる方はぜひ参考にしてほしい。

解説・考察『かなしみの哲学』ー悲しいとは何か、悲しみに意味はあるのかー

スポンサーリンク

日本語に関する”おすすめ本”

以上、日本語に表れた「自然観」や「世界観」について解説してきた。

改めて、参考にしたのは『日本語文法の謎を解く』(金谷武洋)だ。

だが、ここで紹介できたのは、その一部に過ぎない。

筆者の論が冴えわたるのは、このあと展開される「自動詞・他動詞」の話と「受身・使役」の話なのだが、気になる方はぜひ本書を手に取ってみてほしい。

また、「日本語の本質をもっと知りたい」という人のために、いくつかオススメしたい本がある。(ほら、「本をおすすめしたい」じゃなくて、「おすすめしたい本がある」のほうが、謙虚でしょ)

参考にしていただけると幸いです。

『日本語の教室』(大野晋)

こちらも日本語学の第一人者、大野晋の言語学エッセイ。

文法的に興味深いトピックが多く、身近な表現を例に日本語の本質へと迫っていく。

また、日本語と漢字の関係についての説明もとってもためになる。

主に、日本語の「起源」や「歴史」について興味がある人にオススメ。

本書を読めば、日本語の魅力について改めて知ることができると思う。

『日本語と外国語』(鈴木孝夫)

日本語学の権威ともいえる鈴木孝夫の代表作。

こちらも、外国語との比較を通して、「日本語とは何か」、「日本人とは何か」をあきらかにしていく

こちらはエッセイなので、とってもよみやすく、かつ言語学のおもしろい部分をしっかりと味わえる。

日本語学を学びたい人なら、一度は読んでおきたい名著中の名著。

『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』(竹内整一)

この人は言語学者ではなくて、倫理学者。

日本語や日本文学に見られる、ぼくたちの人間観や自然観、死生観について解説をしている。

記事の途中で紹介した「さよなら」の説明は、この本を参考にしている

ぼくは新書で「泣く」なんてことはまずないのだが、この本は読んでいて、そのやさしさから自然と涙がこぼれた

人間のはかなさと、そんな人間を包み込む、あたたかい存在。

そんなことを感じさせられたからだと思う。

読書をするなら……

“耳読書”「Audible」がオススメ

「読書はしたいんだけど、とにかく時間がない」という人は結構多い。

そんな人には、“聴く読書” オーディブルがオススメ。

オーディブルは近年利用者が急増し、多くの出版社や作家たちから注目されている「本を聴く」サービスだ。

Audibleのメリットは5つ
1 時間を有効活用できる 

2 新しい「文学鑑賞」ができる 

3 貴重な講演が聞ける

4 月額1500円で“聴き放題”

5 30日間 完全無料で試せる

・Audible(オーディブル) HP

家事や仕事で手が離せないときも、オーディブルを利用すれば、有効に読書をすることができる。

「とにかく時間を無駄にしたくない!」

そんな人には、オーディブルは便利でお得なサービスだ。

【 参考記事  芥川賞作家らも注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

「Kindle」で ”効率的” に読書を

読書をするなら電子書籍の「Kindle」がオススメ。

効率的で快適な読書ができる。

書籍のデジタル化が進む中、読書家にとって手放せないアイテムだ。

kindleのメリットは6つ
1 書籍の品揃えが豊富

2 書籍購入がスピーディー

3 書籍の管理がしやすく 持ち運びが便利

4 安く書籍を手に入れられる

5 Unlimited登録で200万冊以上読み放題

6 Unlimitedは30日間 完全無料 で試せる
Kindle unlimited ホームページ

また「絶版本」も手軽に読めるのもKindleならでは。

さらに「KindleUnlimited」を利用すれば月額980円で200万冊以上が読み放題

「とにかく幅広く読書をしたい」

そんな人には、Kindleは便利でお得なサービスだ。

【 参考記事  2022年版【Kindle】のメリット・デメリット・おすすめ機種を解説!  】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました