日本語に主語はない?主語不要論を解説—総主論争、ウナギ文、こんにゃく文より—

言葉
はじめに「日本語には主語がない?」

――日本語には主語がない――

あなたは、こんな説を聞いたことがあるだろうか。

「日本語学をかじったことがある」って人、あるいは、「人並み以上に日本語に興味がある」って人じゃない限り、おそらくは聞いたことはないかもしれない。

なぜなら、僕たちは、小学校や中学校の国語の時間で次のように教わるからだ。

「日本語には、主語と述語というものがあります。その他にも修飾語とか接続語とかがあって……」

そう、みんなが大嫌いな文法の授業である。

「その中でも、特に「主語」や「述語」が重要な働きをしています」

そう説明したあと、確か先生は次のように説明していたはずだ。

「そして、日本語の主語というものは、多くの場合省略されます

確かに、日本語には「主語」がないものが多い。

「週末なにしてた?」

「一日中寝てたよ」

こんな会話は、日常の中でよく耳にするが、

あなたは週末なにしてた?」

私は一日中寝てたよ」

なんて会話は、耳にしない(文法書の中で目にするかもしれない)

確かに、日本語の主語というのは、多くの場合省略されるのかもしれない。

ただ、ここで、大きな問題提起をしたい。

そもそも、日本語に主語なんてないのではないだろうか。

こうした考えを持つ日本語学者というのは、実は一定数存在していて、彼らは「主語不要論者」と呼ばれている。

この記事では、そんな「主語不要論」について解説をしてきたい。

ぜひ、お時間のある方は最後までお付き合いください。

 

「読書はしたいんだけど、時間がない!」
そんな悩みを持つ人には、”聞く読書” オーディブルがオススメ!
オーディブルの「利便性」「簡単な利用法」については以下の記事で詳しく説明をしているので、少しでも興味のある方は、ぜひ参考にどうぞ。
【  芥川賞作家らも注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

主語にまつわる3つの論争

――日本語に主語なんてない――

こう主張する人たちを「主語無用論者」という。

彼らが「主語無用論」を説く際に、その根拠となるのは「主語」を持ち出したことで起こる、「文法的な不自然さ」である。

たとえば、先ほど例にあげた、

「あなたは週末なにしてた?」

「私は一日中寝てたよ」

なんていう会話の不自然さは、誰の目にも明らかだろう。

それ以外にも、

「ほら、富士山、見て!」

「ほんとだ、おっきいねえ!」

なんて会話はまったく不自然ではないけれど、ここに「主語」を入れようとすると、とたんに不自然(というよりも、奇妙な)日本語になってしまう。

「ほら、富士山、あなたが見て!」

「ほんとだ、富士山はおっきいねえ!」

こうした例は、あくまでもほんの一握りのもので、あなたの日常会話を思い出しても、「主語」なんていちいち入れていないことが分かると思う。

そして、そこに「主語」を補おうとすると、不自然な日本語だったり、奇妙な日本語になったりしてしまう。

こんな感じで、日本語に「主語」を持ち出すことで、様々な問題が生じているのである。

以下では、そんな「主語」にまつわる代表的な論争を3つ紹介したい。

  • 総主論争
  • ウナギ文論争
  • こんにゃく文論争

である。

この3つは日本語学の歴史の中で、ずっと議論されてきた有名な論争である。

 

スポンサーリンク

論争➀「総主論争」

この論争の最大の争点は、

「日本語には、主語が特定できない文があるよね」

といったものだ。

たとえば、次の文章の主語は何か、ちょっと考えてみてほしい。

東京は、面積が広くて、人口も多い。

この文の主語は何だろう。

その議論は、たぶん次の感じで展開される。

Aさん「まず『東京 = 広い』わけなので、主語は『東京』でしょ?

Bさん「いやいや、あくまで『面積 = 広い』なんだから、主語は『面積』でしょ?」

Cさん「でも、最後の述語『多い』はどうなるの? 『東京 = 多い』も『面積 = 多い』もどっちも変でしょ?」

ABCさん「うーん……」

日本で最初に「学校文法」を提唱した日本語学者に大槻文彦がいる。

彼によれば、この文は「二重主語文」だといい、

すなわち、

  • 東京は(主語1) 面積が(主語2) → 広くて(主語の説明)
  • 人口も(主語3) → 多い(主語の説明)

といった具合だ。

この文がややこしいのは、助詞の「は」と「が」が文の中に同居しているからだろう。

僕はタロウだ。

僕がタロウだ。

こんな風に「は」も「が」も、主語の前に置かれる助詞だ。

だからこそ、「東京は」も「面積が」も、主語として捉えられるのだろう。

この類の文は、日本語には沢山ある。

  • 日本人は、髪が黒い。
  • 太郎は、頭がいい。
  • 象は、鼻が長い。

それぞれ「主語はなに?」と考えれば、まぁ「髪」であり「頭」であり、「鼻」でありそうなのだが、「日本人」も「太郎」も「象」も100%無視することはできない。

むむむ・・・と割り切れなさが残る文なのだ。

以上が「総主論争」、言い換えて「主語は1つ? 2つ? 論争」の概要である。

ちなみに「は」と「が」については、こちらの記事で詳しく説明をしているので、ぜひ参考にどうぞ。

【 参考記事 解説【”は”と”が”の違いとは何か】—日本語学における超難問に挑む—

 

スポンサーリンク

論争➁「ウナギ文論争」

なんとも可愛らしくて、キャッチ―なネーミングである「ウナギ文論争」

この論争の最大の争点は、

「日本語には、主述が一致しない文があるよね」

といったものだ。

たとえば、次の親子の会話を見てほしい。

母「ねえねえ。お昼ごはん、何食べたい?」

子1ぼくはウナギ!」

(子2「ぼくはステーキ!」)

この会話も、日常的にありうるやり取りであり、コミュニケーションもきちんと成立している。

が、やはり気になるのは、この1文。

ぼくはウナギ

である。

これは「僕はタロウ」「私はハナコ」のように、「Iamウナギ」的意味で受け取ってはいけない。

言うまでもないが、子1は「僕はウナギが食べたい」という意味で「僕はウナギ」と言っているのだ。

だったら、「何が食べたい?」の質問に対して、子1は「僕はウナギが食べたい」と答えるべきなのだが、そんなまどろっこしい返答のほうが、日本語においてはよっぽど不自然である。

ちなみに、日本語学者の北原保雄は、この「僕はウナギ」が生まれるに至るプロセスを次のように説明している。

〇僕は、ウナギが、食べたい。
  ↓
〇僕が、食べたいのは、ウナギだ。
  
〇僕のは、ウナギだ。
  
〇僕は、ウナギだ。

うーん、なんかさすがに無理があるぞ。

こんな力技みたいな説明をしなければ、この「僕はウナギだ」は説明できないのだろうか。

それに、よくよく考えれば「僕はウナギが食べたい」という元の文だって、主語は「僕」なのか「ウナギ」なのか、よくわからない

「僕はウナギだ」という文は、スタートからして「主語」不明の文なのである。

以上が「ウナギ文論争」、言い換えて「IamウナギでホントにOK? 論争」の概要である。

 

スポンサーリンク

論争➂「こんにゃく文論争」

これまたキャッチ―なネーミングの「こんにゃく文論争」

この論争の最大の争点は、

「日本語には、うまく主語を補えない文があるよね」

である。

たとえば、次の会話を見てほしい。

A子「ねえねえ、ダイエット始めたんだけど、オススメのダイエット食ってある?」

B子「えー、そうだなあ……」

A子「もったいぶらないでよ~」

B子「あ、こんにゃくは太らないよ

さて、ダイエットをしたことがない僕にとって、これが「日常会話」なのかよく分からないけれど、「自然な会話」であることは間違いない。

さて、このやり取りで気になるのは、この1文。

こんにゃくは太らないよ

である。

これも先の「僕はウナギだ」と同じで、「こんにゃく = 太らない」と受け取ってはいけない。

なぜなら、この述語「太らない」の主語は「こんにゃく」ではなく「A子」だからだ。

じゃあ、この「こんにゃくは太らないよ」という文を正しく言い直してみよう。

A子「おすすめのダイエット食品ってある?」
B子「あ、こんにゃくは(A子がたべても)太らない(食べ物だ)よ」
A子「おすすめのダイエット食品ってある?」
B子「あ、(A子は)こんにゃく(を食べたとしても)、太らないよ」

と、こんなふうに、ムリヤリ説明的に表現するほかないだろう。

ただ、こんな奇妙な日本語使っている人はきっといないし、いたとしても、コミュニケーション難のため、きっと友だちが減っていくと思う。

どう考えたって、「こんにゃくは太らないよ」のほうが、自然な日本語だ。

じゃあ、この文の「主語」っていったい何なのか?

こう問い続けても、すっきりと気持ちの良い答えは出てこない。

述語の「太らない」は「こんにゃく」ではなく「A子」であるはずなのに、「こんにゃくは太らない」という文が、なぜか成り立ってしまう。

以上が「こんにゃく文論争」、言い換えて「太らないのは一体だれなの? 論争」の概要である。

 

スポンサーリンク

まとめ「日本語には主語がない!」

以上、「主語」にまつわる有名な3つの論争を紹介してきた。

それらをザックリとまとめると、こんな感じだ。

総主論争
→「日本人は髪が長い」の主語は1つ?2つ?

ウナギ文論争
→「僕はウナギだ」の主語は「僕」でよい?

こんにゃく文論争
→「こんにゃくは太らない」の主語は「こんにゃく」でよい?

以上の問題は、日本語学において頻繁にされる問題だ。

これらの問題を踏まえて、改めて問題提起をしたい。

そもそも日本語に主語はないんじゃないか?

僕自身、大学で「人文学」を専攻し、「言語」についてそれなりに勉強をした。

日本語文法についても興味があり、多くの書物に触れてきた。

そんな僕は、やっぱり「主語不要論者」の1人である。

もちろん上記の3つの論争も「主語不要論」の妥当性を強めるものだと思うのだが、僕が「主語不意論」の立場に立つ理由は、もっともっとシンプルで直感的である。

僕の日常会話を振り返ってみたとき、やっぱり「主語」がないのだ。

「あした仕事いきたくないよねー」とか、

「今日の晩飯、何がいい?」とか、

「ありがとう、とってもうれしい」とか、

そうした、何気ない発話って、いちいち主語がない。

「あした(俺もお前も)仕事いきたくないよねー」じゃ、やっぱり変だし、「今日の晩御飯、(あなたは)何がいい?」じゃ、不自然だし、「ありがとう、(僕は)とってもうれしい」じゃ、なんだが間抜けである。

こうした状況について、「主語が省略されている」と考えるよりは、「そもそも日本語に主語はない」と考えた方が、僕自身とってもしっくりくるのだ。

と、いうことで、僕は「主語不要論者」の1人である。

あなたはどう思うだろう。

日本語に主語はない? やっぱり主語はある?

日本語における「主語」にはまだまだ謎が多く、今もなお様々な議論が交わされている。

これらの議論に触れ、日本語について考えることは、日本人の「人間観」や「世界観」を知ることにつながっていく

( 参考記事 日本語の特徴を解説考察!―日本文化の人間観と世界観を解明― )

日本語とは、日本人とは、とっても奥深く、興味深い存在なのだ。

この記事をきっかけに、日本語や日本人の「おもしろさ」を感じてくれればうれしい。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

オススメの本はこちら

日本語文法の謎を解く(金谷武洋)

筆者も「主語無用論者」の1人である。

この記事の大半は、本書を参考にして書いた。

筆者の説はとても真っ当で、「日本語に主語はない」という説にも納得できる。

「日本語」と「英語」との比較、というのも本書の主眼である。

「日本語とはどのような言語か」を通じて「日本人はどのような存在か」を考えていく、おもしろい1冊。

『日本語の教室』(大野晋)

こちらも日本語学の第一人者、大野晋の言語学エッセイ。

文法的に興味深いトピックが多く、身近な表現を例に日本語の本質へと迫っていく。

また、日本語と漢字の関係についての説明もとってもためになる。

主に、日本語の「起源」や「歴史」について興味がある人にオススメ。

本書を読めば、日本語の魅力について改めて知ることができると思う。

『日本語と外国語』(鈴木孝夫)

日本語学の権威ともいえる鈴木孝夫の代表作。

こちらも、外国語との比較を通して、「日本語とは何か」、「日本人とは何か」をあきらかにしていく

こちらはエッセイなので、とってもよみやすく、かつ言語学のおもしろい部分をしっかりと味わえる。

日本語学を学びたい人なら、一度は読んでおきたい名著中の名著。

「日本語」を学ぶなら……

耳読書「Audible」がオススメ

「読書はしたいんだけど、とにかく時間がない」という人は結構多い。

そんな人には ”耳でする読書” オーディブルがとってもオススメ。

Audibleのメリットは5つ
1 時間を有効活用できる 

2 新しい「文学鑑賞」ができる 

3 貴重な講演が聞ける

4 月額1500円で“聴き放題”

5 30日間 完全無料で試せる

・Audible(オーディブル) HP

いま、Audibleは出版業界や現役作家らからも注目されている。

その辺りのことを以下の記事で紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしていただければと思う。

【 芥川賞作家らも注目! Audible(オーディブル)の可能性を徹底解説

「Kindle」で 効率的 に読書を

効果的な読書をするなら電子書籍の「Kindle」もオススメ。

効率的で快適な読書ができる。


書籍のデジタル化が進む中、読書家にとって手放せないアイテムだ。

kindleのメリットは6つ
1 書籍の品揃えが豊富

2 書籍購入がスピーディー

3 書籍の管理がしやすく 持ち運びが便利

4 安く書籍を手に入れられる

5 Unlimited登録で200万冊以上読み放題

6 Unlimitedは30日間 完全無料 
Kindle unlimited ホームページ

また、以下の記事でkindleのメリット・デメリットについて以下の記事でまとめている。

少しでも興味のあるかたは、ぜひ参考にどうぞ。

【  2022年版【Kindle】のメリット・デメリット・おすすめ機種を解説!  】

コメント

タイトルとURLをコピーしました