文学

スポンサーリンク
宗教

解説・考察『海と毒薬』ー日本人とは何か?タイトルの意味は?ー

『海と毒薬』は、アメリカ人捕虜に対する「生体実験」を扱った遠藤周作の問題作だ。彼は「実験を行った医師は単なる異常者だったのか」その問いに挑みつつ「日本人とは何か」を明らかにしようとした。この記事では、作品を通して遠藤が提示した「日本人間」について考察をし『海と毒薬』のタイトルが意味するところを考えてみたい。
哲学

考察・解説『乳と卵』(川上未映子)ー哲学と文学の奇跡的な融合ー

芥川賞受賞作である『乳と卵』には、多くの哲学的問いを持つ文学作品だ。この記事では「登場人物とあらすじ」についてまとめ、作品が持つ哲学的テーマについて考察をしていきたい。
宗教

考察・解説・あらすじ『深い河』(遠藤周作)ー宗教・信仰・人生ー

遠藤周作の集大成ともいえる『深い河』 ここには彼の「宗教観」や「人生観」が描かれている。この記事では、5人の登場人物やあらすじをまとめ、宗教とは何か、信仰とは何か、人生とは何か、について考えてみたい。
文学

考察・解説『彼岸花が咲く島』(李琴峰) —美しい日本語を問うー

2021年上半期の芥川賞受賞作。この作品は「日本語」や「美しい言葉」をテーマにした作品だといえる。記事では「あらすじ」等をまとめ、その後で作品のテーマ「日本語」や「美しい言葉」について考察したい。
宗教

考察『影法師』(遠藤周作)― 『沈黙』に通じるテーマ「母」と「信仰」―

遠藤周作の短編『影法師』あまり知られない作品だが、遠藤文学を語る上で とても重要な2つのテーマを扱っている。「母」と「信仰」である。そして、それらは彼の代表作『沈黙』のテーマと共通している。この記事では『影法師』のあらすじを確認しつつ、そのテーマについて考察したい。
文学

考察・解説『貝に続く場所にて』(石沢麻依) ―死者の声を聴くこと―

2021年上半期の芥川賞受賞作。難解な作品ではなるが、読者に大切な問題提起をする作品だ。記事では「あらすじ」等をまとめ、その後で作品のテーマ「祈り」や「死者の声なき声」について考察したい。
宗教

考察・解説『雑種の犬』(遠藤周作)― 多くのテーマを持つ傑作 ―

「自分はテーマ型の作家だ」遠藤周作は、自身をそう評したという。そんな彼の多くのテーマを抱え持つ 傑作短編がある。それが『雑種の犬』という作品だ。この記事では 、「あらすじ」を確認したうえで、作品の「テーマ」について考察したい。
宗教

考察・感想『影に対して』(遠藤周作) ― 「母なるもの」について ―

2020年に発見された『影に対して』(遠藤周作 著) 遠藤周作の文学を考えるうえで、多くのヒントを持つ作品だ。この記事では、『影に対して』のあらすじをまとめ、そのテーマについて考察したい。
文学

考察『フルハウス』(柳美里 )―父の真の目論見は 一体なにか―

「家族」をテーマとして読める『フルハウス』(柳美里 著) ここに登場する「父」の本心は不可解だといっていい。だけど、じっくりと読み返してみると、驚くべきことが見えてくる。あらすじをまとめつつ、そこを考察してみたい。最後に、柳美里のオススメの本も紹介したい。
宗教

考察・解説・あらすじ『沈黙』(遠藤周作)ー日本人にとって宗教とはー

日本を代表する宗教文学『沈黙』(遠藤周作 著) この作品ほど強烈な問題提起を発している作品を、他に知らない。記事では「キリスト教とは何か」「宗教とは何か」といったテーマを中心に、『沈黙』について考察してみたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました