文学

文学

解説・考察・あらすじ『ユーレイ』(辻村深月)ー「YOASOBI×直木賞」企画 ー

YOASOBI×直木賞作家の企画により、順次楽曲が配信される予定だ。この記事では、その原作小説である『ユーレイ』(辻村深月)について紹介をする。テーマ、登場人物、あらすじ、考察についてそれぞれ記していく。
文学

解説・考察・あらすじ「ミスター」の原作『私だけの所有者』ー「YOASOBI×直木賞」ー

YOASOBIの楽曲「ミスター」は、直木賞作家とのコラボ企画で生まれた作品だ。この記事では、その原作小説である『私だけの所有者』について紹介をする。テーマ、登場人物、あらすじ、考察についてそれぞれ記していく。
文学

解説・考察『首里の馬』(高山羽根子)―「知識、情報、記憶」に光を!―

2020年上半期芥川賞受賞作『首里の馬』 一読して「よみにくい」と感じる人も多いと思う本作だが、物語にちりばめられたモチーフを丹念に解釈することで、作品に込められたメッセージが見えてくる。記事で「作品のテーマは何か」「メッセージは何か」について解説と考察をする。
文学

解説・考察『羅生門』―作者が伝えたかったことは? ラストの意味は?―

芥川龍之介の代表作『羅生門』は、その「人間理解」の鋭さに驚かされる傑作だ。この記事ではこの作品で「芥川が伝えたかった事」を中心に「今昔物語との比較」や「作品の創作秘話」、「物語のラストの改稿」に関する解説や考察をしていきたい。
文学

解説・考察『ブラックボックス』(砂川文次)―誰もが“サクマ”である現代―

2021年下半期、芥川賞受賞作『ブラックボックス』“現代のプロレタリア文学”と評された本書には、書かれなければいけなかった「現代的な必然性」がある。記事ではその辺りを中心に解説と考察をしていく。
文学

解説・考察『破局』(遠野遥)ー「つまらない」その隠された理由に迫るー

2020年の芥川賞受賞作『破局』 巧まれた佳作だと思うのだが、作品を「つまらない」と酷評する声は案外多い。だけど実は、その「つまらなさ」は「作者の意図」と大きく繋がっているのだ。なぜ『破局』は「つまらない」と評価されてしまうのだろうか。その原因と「作者の意図」ついて解説・考察していく。
文学

解説・考察『こころ』ーKと先生の自殺の理由、主題、物語のその後を解明!ー

夏目漱石の『こころ』は謎の多い作品だ。この記事ではその謎について迫りたい。【Kが自殺した本当の理由は?】【先生が自殺した本当の理由は?】【作品のその後の展開は?】この3点について徹底的に解説と考察をしていきたい。
文学

解説・考察・あらすじ『城の崎にて』(志賀直哉)―“生と死”の真実に迫る―

小説の神様「志賀直哉」 彼の代表作『城の崎にて』は、近代文学を代表する名作だ。志賀の実際の体験をもとに描いたこの作品には「生と死」についての鋭い分析眼が光っている。
文学

あらすじ・解説・考察『皆のあらばしり』(乗代雄介)ー「語り手」のトリックー

2022年上半期の芥川賞候補作『皆のあらばしり』(乗代雄介 著) この記事では、本作品のあらすじと魅力について紹介し、作者による「実験的な手法」について徹底解説をする。
文学

あらすじ・解説・考察『旅する練習』(乗代雄介)―人生を全うすることー

『旅する練習』は乗代雄介による「ロードノベル」で、2021年の芥川賞候補作だ。選考委員からも「文学とは何かを追い求めた小説」と絶賛された。記事では本書の魅力について紹介し、その内容を徹底的に考察・解説をしていく。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました