文学

文学

解説『こころ』の続きを解釈!物語のその後とは―青年と奥さん(お嬢さん)の関係―

夏目漱石の『こころ』は謎の多い作品だ。この記事ではその謎について迫りたい。【作品のその後の世界とは?】【青年と奥さんの驚きの関係とは?】について徹底的に解説と考察をしていきたい。
文学

解説・考察『こころ』ーKと先生の自殺の本当の理由とは?謎や主題を徹底解明!ー

この記事では『こころ』の謎や作品の主題について迫りたい。【Kが自殺した本当の理由は?】【先生が自殺した本当の理由は?】をについて考察した上で、作品の主題を明示する。
文学

解説・考察『ハンチバック』ラストの意味は?―自らの尊厳を守るための言葉―

芥川賞作品を含め、多くの純文学作品を読んできた僕だが、「久々にすげえのが出てきたぞ」と、そんな風に思える、個人的に数年に一度の傑作だと思う。この記事ではそんな『ハンチバック』について解説と考察をしていきたい。
文学

解説【川端康成 おすすめ小説】―代表作のあらすじや魅力を徹底考察!―

この記事では「川端文学オススメ10選!」ということで、川端康成の作品のうち、文学史的にも評価が高く、読み応えのある10作品を紹介しようと思う。紹介する順番は「作品の発表順」なので、この記事を読み進めていくと、川端の人生観・文学観の変化なんかも垣間見えてくると思う。
文学

解説・考察・感想『消滅世界』―“正常”という名の狂気を暴くSF文学―

『消滅世界』は、村田沙耶香の集大成ともいえる作品であり、僕たちが持っている「常識」とか「社会通念」とかいたものをこっぱみじんに解体してしまう、そんな強烈な問いをはらんだ作品だ。この記事では、そんな『消滅世界』の解説と考察をしていく。
文学

解説・考察『1R1分34秒』(町屋良平)—自意識と身体の相克—

第160回芥川賞受賞作品『1R1分34秒』 本作を読んで「結局、どういうことだったの?」とか、「結局、何を伝えたかったの?」とか、そんな疑問を抱いた方は、ぜひこの記事を参考にしていただけると嬉しい。
文学

小説『アルジャーノンに花束を』主題の解説と考察—最後の一文が泣ける…その理由とは?—

多くの読者を魅了し続ける傑作『アルジャーノンに花束を』 この作品では、どのようなテーマが扱われているのか。また、最後の一文に込められた意味とは何か。記事では本作についての丁寧な解説と考察をしていく。
文学

解説・考察『高瀬舟』で森鴎外が伝えたいこと—知足・安楽死という主題を分析!—

記事では「 知足」・「安楽死」といった2つのテーマについて 分かりやすく解説をしようと思う。また『高瀬舟』と、その元になった作品『翁草』の違いに注目して、森鴎外の「創作の動機」についても考えてみたい。
文学

解説・考察「少年の日の思い出」—なぜ自分の蝶を潰したのか?主題や謎を徹底解明—

世界的文豪ヘルマン・ヘッセの短編『少年の日の思い出』は、人間に対する洞察と主人公「僕」の心理描写が とにかくすさまじい作品だ。この記事では 本作品の主題を明らかにしつつ、多くの人が感じるであろう疑問に答えていきたい。
宗教

解説・考察・書評『信仰』(村田沙耶香)—カルトとは何か?宗教との違いは?—

本書『信仰』は「常識」を解体する強烈なパワーを持つ短編集である。収録されているどの作品も強烈なメッセージをはらんでおり、「クレイジー沙耶香」の本領が存分に発揮されている。この記事では、本書を考察しつつ「カルトとは何か」について考えてみたい。
error: Content is protected !!