文学

スポンサーリンク
文学

解説・考察『破局』(遠野遥)ー「つまらない」その隠された理由に迫るー

2020年の芥川賞受賞作『破局』 巧まれた佳作だと思うのだが、作品を「つまらない」と酷評する声は案外多い。だけど実は、その「つまらなさ」は「作者の意図」と大きく繋がっているのだ。なぜ『破局』は「つまらない」と評価されてしまうのだろうか。その原因と「作者の意図」ついて解説・考察していく。
文学

解説・考察『こころ』―Kの自殺の理由・先生の自殺の理由・作品のその後について―

夏目漱石の『こころ』は謎の多い作品だ。この記事ではその謎について迫りたい。【Kが自殺した本当の理由は?】【先生が自殺した本当の理由は?】【作品のその後の展開は?】この3点について徹底的に解説と考察をしていきたい。
文学

解説・考察・あらすじ『城の崎にて』(志賀直哉)―“生と死”の真実に迫る―

小説の神様「志賀直哉」 彼の代表作『城の崎にて』は、近代文学を代表する名作だ。志賀の実際の体験をもとに描いたこの作品には「生と死」についての鋭い分析眼が光っている。
文学

あらすじ・解説・考察『皆のあらばしり』(乗代雄介)ー「語り手」のトリックー

2022年上半期の芥川賞候補作『皆のあらばしり』(乗代雄介 著) この記事では、本作品のあらすじと魅力について紹介し、作者による「実験的な手法」について徹底解説をする。
文学

あらすじ・解説・考察『旅する練習』(乗代雄介)―人生を全うすることー

『旅する練習』は乗代雄介による「ロードノベル」で、2021年の芥川賞候補作だ。選考委員からも「文学とは何かを追い求めた小説」と絶賛された。記事では本書の魅力について紹介し、その内容を徹底的に考察・解説をしていく。
哲学

解説・考察・あらすじ『ヘヴン』ーニーチェ哲学「ニヒリズム」ー

『ヘヴン』は川上未映子の傑作長編小説で、宗教・倫理・哲学といった深いテーマを扱った作品だ。この記事では『ヘヴン』のテーマを考察しつつ、そこに見られる「ニーチェ」の哲学について解説する。
宗教

感想・考察・書評『日本人にとってキリスト教とは何か』(若松英輔)―『深い河』より―

『深い河』は遠藤周作の「精神的自伝」とも呼べる作品だ。この作品を読み解くことで、日本人にとっての「キリスト教」や「宗教」「信仰」「死」などを理解することができる。この記事では、タイトルの書をたよりに「神」「自己」「悲しみ」「信仰」について、思うところを書いてみたい。
文学

解説・考察・書評『ムーンライト・シャドウ(小説)』―愛する人と別れること―

『ムーンライト・シャドウ』は、吉本ばななの傑作短編小説だ。この小説には「愛する人と別れること」と「死者とともに生きていくこと」が悲しく、切なく、だけど美しく描かれている。この記事では「七夕現象」「うらら」「月明り」など、作品に関する考察と感想について記したい。
文学

解説・考察『むらさきのスカートの女』―「語り手」を信じてよいか―

芥川賞受賞作『むらさきのスカートの女』(今村夏子)は、とても不可解な作品だ。一体、むらさきのスカートの女とは何だったのか。この記事では「信頼できない語り手」というテーマで、この作品における「真の都市伝説」を暴いてみようと思う。
文学

考察・解説『走れメロス』―太宰に騙されるな!本当に伝えたいことと真の主題―

『走れメロス』の主題は「友情」「信頼」「正義」などと説明されることが多い。だけど太宰が「本当に伝えたいこと」は実はそんなことではない。この記事では、原作『人質』と比較しながら『走れメロス』の真の主題について考察したい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました