スポンサーリンク
哲学

哲学を解説・考察【独我論とは何か】ー意識と実在と他者の関係に迫るー

多くの人々は「哲学=小難しい」と感じているが、本来「哲学」はおもしろくて、スリリングで、ちょっと怖くて、魅力的なものだ。この記事ではそんな「哲学」の主要テーマについて紹介したい。今回扱うテーマは「この世界は、ひょっとして存在していないのかもしれない」といった問いである。
文学

解説・考察『堕落論』の主題を分かりやすく―生きづらさを感じる全ての日本人へ―

敗戦後、混迷する日本人の前に現れた『堕落論』……これまでの「道徳観」を批判し、自明視されていた「制度」を解体し、日本人に「堕落」する必要性を説いた本書は、多くの日本人を奮い立たせた。この記事では戦後文学を代表するエッセイ『堕落論』について徹底解説をしていきたい。
哲学

解説・考察「ソクラテスの哲学、思想」のまとめー無知という哲学的原動力ー

ソクラテスの登場が「哲学史」に与えた影響は大きい。「真理なんて人それぞれ」といった「相対主義」が世に広まる中で「真理や普遍的な価値は必ずあるんだ!」と、彼は自らの哲学を貫き、そして自らの運命を受け入れた。この記事では、そんな「ソクラテスの哲学」ついて分かりやすく解説をしていきたい。
哲学

解説・考察『かなしみの哲学』ー悲しいとは何か、悲しみに意味はあるのかー

悲しむことを恐れ、悲しみを誤魔化し、悲しみから目を背け続けるのが僕たちだ。だけど、もし「かなしみ」に意味があるとするならば。僕たちは「かなしみ」とともに人生を生き抜くことができるのではないだろうか。この記事では「かなしみの意味」について考えたい。
文学

解説・考察『マイクロスパイ・アンサンブル』ー“伊坂エッセンス”たっぷりの佳作ー

伊坂幸太郎の『マイクロスパイ・アンサンブル』は2022年に出版された中編小説だ。「鮮やかな伏線回収」ありの、「魅力的な登場人物」ありの、「ユーモラスな会話」ありの、「ハートウォーミングな展開」ありの、「手に汗握る戦闘シーン」(ちょっとだけ)ありの、要するに“伊坂らしい”作品となっている。記事では本書の魅力について解説する。
文学

解説・考察・あらすじ『くるまの娘』―“家族”という牢獄、“愛”という支配―

芥川賞作家「宇佐見りん」の3作目『くるまの娘』、「家族」をテーマにしたこの作品は、家族問題で苦しい思いをしたことがある全ての人に刺さる作品だと思う。この記事では作品の「あらすじ」や「テーマ」について徹底解説をする。
文学

解説・考察『山月記』のテーマ・主題を完全網羅!―不条理を生きるための物語―

人生の不条理に戸惑ったり、苦しんだりしたことがある人は多いだろう。そんな人生の不条理について扱った有名な文学作品、それが『山月記』だ。この記事では『山月記』のテーマ「不条理」を中心に「自意識」「自嘲」「物語」について考えてみたい。
哲学

解説【プロタゴラスとゴルギアスの哲学】を分かりやすくーソフィストの功罪とはー

【哲学史のまとめ第4弾】今回は「プロタゴラスとゴルギアスの哲学」を中心とした「ソフィスト」について。ソフィストの登場が「哲学史」に与えた影響は大きい。この記事では、そんな「ソフィストの功罪」と「ソフィストの思想」ついて分かりやすく解説をしていきたい。
作家

解説「梶井基次郎」の人生・人物像のまとめ―早世した天才のやさぐれエピソード―

日本文学史を まるで“流れ星”みたいに過ぎ去った早世の天才「梶井基次郎」。生前はほとんど評価されなかった彼だが、いまや日本の“文豪”としてその名をとどろかせている。そんな梶井基次郎について、その生涯、有名エピソード、作品の特徴、後世における評価、代表作などを徹底解説をしたい。
文学

解説・考察『檸檬』―作品の謎を徹底解明!檸檬とは結局何だったのか―

『檸檬』は梶井基次郎の代表作であり、近代文学史上の傑作との呼び声が高い作品だ。とはいえ、率直にいって『檸檬』という作品は分かりにくい。そこで、この記事では・『檸檬』は何を象徴していたのか、・なぜ檸檬だったのか、・なぜ漢字表記たったのかを中心に、作品の謎に迫りたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました