芥川賞

2023年最新版【芥川賞小説おすすめ7選】ー直近全作品を読んだ上で厳選ー

芥川賞を年代ごとに紹介するこのシリーズ。2020年代ということで、いま最もホットな芥川賞作品の中から「おすすめの7作品」を厳選して紹介しようと思う。
作家

解説「国策文学(戦争文学)とは何か」―その特徴、代表作家、作品をまとめる―

1931年~1945年に日本が参加した戦争は、一般的に「十五年戦争」と呼ばれている。そして、この時期に生まれた文学は、一般的に「戦争文学」とか「国策文学」と呼ばれている。この記事では、そんな「戦争文学」や「国策文学」について詳しく解説をしていきたい。
文学

解説・考察『続泥流地帯』—作者が伝えたかったことは?ヨブ記との共通点を参考に—

三浦文学の中でも多くのファンを獲得した感動の長編作『泥流地帯』シリーズは、読者に大きな「問い」と「感動」を与えてくれる作品だ。記事ではその完結編『続泥流地帯』に描かれた主題やヨブ記との関連について解説と考察をする。
言葉

まとめ解説【日本語の歴史と変遷】を分かりやすく簡単に―各時代の特徴とは―

「日本語の歴史と変遷」(奈良時代 ~ 明治時代)について分かりやすく、かつ、徹底的に解説をしたい。文字表記、文法、語彙、音韻など、様々な観点から日本語を説明する。
言葉

解説「明治時代(近代)の日本語・言葉」―外来語・表記・語彙などわかりやすく―

「明治時代(近代)の言葉・日本語」について、文字表記、音韻、発音、語彙、文法などについて解説をし、その歴史的位置や特徴、奥深さについて考えたい。
文学

解説・考察『泥流地帯』(三浦綾子)—悲しみや苦しみに意味はあるのか—

三浦文学の中でも多くのファンを獲得した感動の長編作『泥流地帯』は、読者に大きな「問い」と「感動」を与えてくれる作品だ。記事では、そんな『泥流地帯』に描かれた主題について解説と考察をする。
言葉

解説【江戸時代(近世)の日本語・言葉】―文法や表記、発音、語彙を分かりやすく―

「江戸時代(近世)の言葉・日本語」について、文字表記、音韻、発音、語彙、文法などについて解説をし、その歴史的位置や特徴、奥深さについて考えたい。
言葉

解説【室町・安土桃山時代の言葉・日本語】—キリシタン版『エソポのハブラス』—

「室町・安土桃山時代(中世後期)の言葉・日本語」について、文字表記、音韻、発音、語彙、文法などについて解説をし、その歴史的位置や特徴、奥深さについて考えたい。
言葉

解説【鎌倉時代(中世)の日本語・言葉】―文法や表記、発音、語彙を分かりやすく―

「鎌倉時代(中世)の日本語」について、文字表記、音韻、発音、語彙、文法などについて解説をし、その歴史的位置や特徴、奥深さについて考えたい。
文学

解説・考察『777(トリプルセブン)』伊坂幸太郎―人生にジャックポットを―

2023年に出版された伊坂幸太郎による長編小説『777』の解説を行う。記事中には、ネタバレを多く含んでいるので、作品未読の方は注意をしてほしい。
error: Content is protected !!