哲学

内容・あらすじ・感想『こころの処方箋』(河合隼雄)―優しい名言の数々―

河合隼雄は日本の心理学者で「ユング心理学」の第一人者だ。彼のことばには、現代を生きる人々を癒す力がある。この記事では『こころの処方箋』に書かれている「人間観」を解説しつつ、その「名言」級の言葉を紹介したい。
作家

解説「泉鏡花」の人生と人物像―ロマン主義・観念小説・幻想文学の名手―

「泉鏡花」は知る人ぞ知る文豪で、主に明治時代~大正時代に活躍した人物だ。この記事では、そんな泉鏡花という作家の人生と人物像について解説していきたい。また、彼の文学的立場である「ロマン主義」や、彼の作風と言われる「観念小説」や「幻想文学」についても紹介したい。
文学

あらすじ・解説・考察『皆のあらばしり』(乗代雄介)ー「語り手」のトリックー

2022年上半期の芥川賞候補作『皆のあらばしり』(乗代雄介 著) この記事では、本作品のあらすじと魅力について紹介し、作者による「実験的な手法」について徹底解説をする。
文学

あらすじ・解説・考察『旅する練習』(乗代雄介)―人生を全うすることー

『旅する練習』は乗代雄介による「ロードノベル」で、2021年の芥川賞候補作だ。選考委員からも「文学とは何かを追い求めた小説」と絶賛された。記事では本書の魅力について紹介し、その内容を徹底的に考察・解説をしていく。
作家

解説「尾崎紅葉」の人生・人物像のまとめ―擬古典主義・硯友社とは何か―

この記事では日本文学に大きな影響を与えた文豪「尾崎紅葉」の人生と人物像の解説をしていく。その中で主に「擬古典主義」とは何か、「硯友社」とはどんな集団だったか、『金色夜叉』など彼の代表作の魅力は何かについて徹底解説をしていく。
芥川賞

【古典級の名作・傑作】おすすめ芥川賞作品 5選 ―上級編②―

大江健三郎を始め 世界的に活躍した作家は多い。彼らの多くは若くして芥川賞を受賞しているわけだが その作品は凄まじいものばかりで、もはや「古典レベルの名著」と呼んでいい。この記事では その歴史的な名著を5つをランキング形式で紹介したい。
芥川賞

【本格的・伝統的リアリズム小説】おすすめ芥川賞作品 5選 ―上級編①―

芥川賞作品のうち【玄人ウケする本格小説】と銘うって、オススメ作品を5つ厳選した。文学好きを自任する方、わかりやすい作品に飽き飽きしている方、深い余韻に浸りたい方を主なターゲットとしている。ぜひこの記事を読んで「次の1冊」の参考にしていただけると嬉しい。
芥川賞

【個性的・独自の世界観】おすすめ芥川賞作品 5選 ―中級編④―

芥川賞作品の中には個性的な作品が多数ある。クセのある文体、不可解な登場人物、凡人離れした発想、独自の世界観……そうした特徴をもつ作品にはある種の「中毒性」がある。ここではそんな中毒性のある個性的な作品を紹介したい。
芥川賞

【暴力・性描写・アンモラル系】おすすめ芥川賞作品 5選 ―中級編③―

「芥川賞作品」には読みやすく面白い作品、テーマが深く哲学的な作品、洗練された文章が魅力な作品などなど、その性格は様々である。今回はそんな「芥川賞作品」の中から、あえて「暴力・性描写・アンモラル」系のネガティブな作品を厳選して紹介する。
芥川賞

【ホラー系、気持ち悪い系】おすすめ芥川賞作品 5選 ―中級編②―

「芥川賞作品」には読みやすく面白い作品、テーマが深く哲学的な作品、洗練された文章が魅力な作品などなど、その性格は様々である。今回はそんな「芥川賞作品」の中から、あえて「暗い・怖い・ドロドロ」系のネガティブな作品を厳選して紹介する。
error: Content is protected !!