宗教

『古事記』天岩戸(あめのいわと)の世界観、人間観を分かりやすく解説・考察

日本最古の歴史書『古事記』 そこには 日本人の世界観や人間観、そして宗教観、死生観なんかが色濃く表れている。そんな『古事記』の中から、特に「天の岩戸」伝説を取り上げたい。そして、ストーリーをできるだけ分かりやすく紹介し、この伝説が一体何を意味しているのかについて解説したい。
芥川賞

2010年代「芥川賞」おすすめ10選 ―バラエティ豊かな傑作たち―

2010年代芥川賞作品。この辺りになると 読者の記憶にも新しいだろう。改めて受賞作について振り返ってみると そのテーマ・文体・演出も様々だ。そんなバラエティに富んだ2010年代の受賞作品について、そのあらすじや魅力について紹介していきたい。
芥川賞

2000年代「芥川賞」おすすめ10選 ―個性派ぞろいの作家たち―

2000年代芥川賞作品。その顔ぶれは超豪華。ここで受賞した多くの作家たちが今の文学を牽引していて、すでに選考委員として“重鎮”レベルにある作家も少なくない。そんな2000年代の受賞作を10作品に厳選して紹介する。
芥川賞

1990年代「芥川賞」おすすめ6選 ―現代女流作家の躍進―

1980年代の芥川賞は「受賞作なし」が連発した「暗黒の10年」だったが、1990年代になると優れた作品が次々と登場してくる。特に 女流作家の躍進がめざましい。この記事では、そんな1990年代の芥川賞作品のオススメを6作品に厳選して紹介したい。
作家

小説の神様「志賀直哉」人物・人生の解説―反自然主義・白樺派とはー

小説の神様と呼ばれた志賀直哉。彼は文壇のカリスマ的存在となり、日本文学に大きな痕跡を残した。この記事ではそんな彼の人生や人物像、代表作について紹介したい。
芥川賞

1980年代「芥川賞」おすすめ3選―空前絶後の❝暗黒時代❞―

芥川賞史上、1980年代というのは「受賞者なし」が連続する空前絶後の❝暗黒時代❞だと言える。それでも少なからず傑作と呼ばれる作品が存在する。この記事では そんな1980年代から3つの作品を厳選して紹介したい。
読書・執筆

芥川賞作家も注目! Audible(オーディブル)のメリット・デメリットを解説

今、芥川賞作家が注目している”耳読書” 【 Audible 】 その魅力と可能性を徹底解説。また、購入の参考にメリットとデメリットも紹介する。
作家

解説「谷崎潤一郎の人生と人物像」のまとめー反自然主義・耽美派とは? ー

文豪「谷崎潤一郎」……彼はその特異な恋愛遍歴や性癖でもって語られがちな作家だ。そこで、この記事ではそんな彼の女性遍歴や性癖にスポットを当てて、彼の人物像や人生、代表作について紹介していく。
芥川賞

1970年代「芥川賞」おすすめ6選―文学に吹く新しい風―

芥川賞史上、1970年代というのは戦後生まれの作家が現れ、前衛的な作品が増え始めた時代だといっていい。この記事では そんな1970年代から6つの作品を厳選して紹介したい。
哲学

解説・考察『ヘヴン』の哲学を徹底解明!ー不条理に立ち向かうためにー

『ヘヴン』は川上未映子の傑作長編小説で、宗教・倫理・哲学といった深いテーマを扱った作品だ。この記事では『ヘヴン』のテーマを考察しつつ、そこに見られる「ニーチェ」の哲学について解説する。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました