文学

考察・解説『貝に続く場所にて』(石沢麻依) ―死者の声を聴くこと―

2021年上半期の芥川賞受賞作。難解な作品ではなるが、読者に大切な問題提起をする作品だ。記事では「あらすじ」等をまとめ、その後で作品のテーマ「祈り」や「死者の声なき声」について考察したい。
宗教

考察・解説『雑種の犬』(遠藤周作)― 多くのテーマを持つ傑作 ―

「自分はテーマ型の作家だ」遠藤周作は、自身をそう評したという。そんな彼の多くのテーマを抱え持つ 傑作短編がある。それが『雑種の犬』という作品だ。この記事では 、「あらすじ」を確認したうえで、作品の「テーマ」について考察したい。
宗教

考察・感想『影に対して』(遠藤周作) ― 「母なるもの」について ―

2020年に発見された『影に対して』(遠藤周作 著) 遠藤周作の文学を考えるうえで、多くのヒントを持つ作品だ。この記事では、『影に対して』のあらすじをまとめ、そのテーマについて考察したい。
哲学

分かりやすく解説『菊と刀』ー「恥の文化」と「罪の文化」とはー

日本は「恥の文化」とは、本書の有名な言葉だ。日本人にとって「恥」とは何か。「恥」は日本人の行動や価値観にどんな影響を与えているか。それらを、わかりやすく解説していく。
文学

考察『フルハウス』(柳美里 )―父の真の目論見は 一体なにか―

「家族」をテーマとして読める『フルハウス』(柳美里 著) ここに登場する「父」の本心は不可解だといっていい。だけど、じっくりと読み返してみると、驚くべきことが見えてくる。あらすじをまとめつつ、そこを考察してみたい。最後に、柳美里のオススメの本も紹介したい。
哲学

感想・解説『体験の哲学』(飲茶) ー人生を豊かにする哲学ー

哲学を超わかりやすく解説してしまう飲茶氏。本書は彼による、哲学の実践書。人生のリアリティを取り戻すために、ぼくたちには何ができるだろうか。そんなことを考えさせてくれる。
宗教

まとめ【日本仏教の歴史】ー奈良時代から現代をわかりやすく解説ー

日本仏教を説明することは難しい。なぜなら、日本仏教は様々に変化をし、様々な宗派を生み出し、様々な役割を担ってきたからだ。そんな仏教について「仏教伝来から現代まで」の特徴を一気にまとめてみたい。
宗教

【日本仏教の歴史】 ―現代を わかりやすく簡単に解説 ―

戦前、戦後において、仏教はどのような立ち位置にあったのか。また、「葬式仏教」という言葉が定着した現代、人々は仏教に何を求めているのか。そして、仏教は人々に何を与えることができるのだろうか。
宗教

【日本仏教の歴史】 ―(明治)大正時代を わかりやすく簡単に解説 ―

日本仏教を説明することは難しい。なぜなら、日本仏教は様々に変化をし、様々な宗派を生み出し、様々な役割を担ってきたからだ。そんな仏教について、主に「大正時代」の特徴をまとめてみたい。
宗教

【日本仏教の歴史】 ―明治時代を わかりやすく簡単に解説 ―

日本仏教を説明することは難しい。なぜなら、日本仏教は様々に変化をし、様々な宗派を生み出し、様々な役割を担ってきたからだ。そんな仏教について「明治時代」の特徴をまとめてみたい。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました