宗教

宗教 宗教
スポンサーリンク
哲学

解説・考察「宗教とは何か」―宗教と哲学の違い、共通点を徹底解説―

「宗教とは何か」を知るうえで「哲学」との比較はとても有効だ。なぜなら両者の共通点や相違点を理解することで「宗教」の本質が見えてくるからだ。この記事では「宗教とは何か」を哲学的、言語学的なアプローチで徹底解説をする。
宗教

『古事記』(神産み)の世界観・人間観をわかりやすく解説・考察

日本最古の歴史書『古事記』 そこには 日本人の世界観や人間観、そして宗教観、死生観なんかが色濃く表れている。そんな『古事記』の中から、特に「神生み」伝説を取り上げたい。そして、ストーリーをできるだけ分かりやすく紹介し、この伝説が一体何を意味しているのかについて解説したい。
宗教

『古事記』(天地開闢・国産み)の世界観・人間観を解説・考察

日本最古の歴史書『古事記』 そこには 日本人の世界観や人間観、そして宗教観、死生観なんかが色濃く表れている。そんな『古事記』の中から、特に「天地開闢」と「国生み」伝説を取り上げたい。そして、ストーリーをできるだけ分かりやすく紹介し、この伝説が一体何を意味しているのかについて解説したい。
宗教

『古事記』(天岩戸)の世界観・人間観をわかりやすく解説・考察

日本最古の歴史書『古事記』 そこには 日本人の世界観や人間観、そして宗教観、死生観なんかが色濃く表れている。そんな『古事記』の中から、特に「天の岩戸」伝説を取り上げたい。そして、ストーリーをできるだけ分かりやすく紹介し、この伝説が一体何を意味しているのかについて解説したい。
哲学

解説・考察『ヘヴン』の哲学を徹底解明!ー不条理に立ち向かうためにー

『ヘヴン』は川上未映子の傑作長編小説で、宗教・倫理・哲学といった深いテーマを扱った作品だ。この記事では『ヘヴン』のテーマを考察しつつ、そこに見られる「ニーチェ」の哲学について解説する。
宗教

感想・考察・書評『日本人にとってキリスト教とは何か』(若松英輔)―『深い河』より―

『深い河』は遠藤周作の「精神的自伝」とも呼べる作品だ。この作品を読み解くことで、日本人にとっての「キリスト教」や「宗教」「信仰」「死」などを理解することができる。この記事では、タイトルの書をたよりに「神」「自己」「悲しみ」「信仰」について、思うところを書いてみたい。
哲学

書評・感想『死者と霊性』(末木文美士 編)―人文学に光を―

「目に見えないもの」「語りえないもの」は追放してきた近代。「死の意味」を問うことは無意味なものとされてきた。だけど、いま世界は多くの「死」と直面している。いまこそ人々は「死者」や「霊性」を取り戻さなければならない。そのアプローチとして「人文学」と呼ばれる学問領域の意味は、間違いなく大きい。
宗教

解説・考察『海と毒薬』ー日本人とは何か?タイトルの意味は?ー

『海と毒薬』は、アメリカ人捕虜に対する「生体実験」を扱った遠藤周作の問題作だ。彼は「実験を行った医師は単なる異常者だったのか」その問いに挑みつつ「日本人とは何か」を明らかにしようとした。この記事では、作品を通して遠藤が提示した「日本人間」について考察をし『海と毒薬』のタイトルが意味するところを考えてみたい。
宗教

考察・解説・あらすじ『深い河』(遠藤周作)ー宗教・信仰・人生ー

遠藤周作の集大成ともいえる『深い河』 ここには彼の「宗教観」や「人生観」が描かれている。この記事では、5人の登場人物やあらすじをまとめ、宗教とは何か、信仰とは何か、人生とは何か、について考えてみたい。
宗教

考察『影法師』(遠藤周作)― 『沈黙』に通じるテーマ「母」と「信仰」―

遠藤周作の短編『影法師』あまり知られない作品だが、遠藤文学を語る上で とても重要な2つのテーマを扱っている。「母」と「信仰」である。そして、それらは彼の代表作『沈黙』のテーマと共通している。この記事では『影法師』のあらすじを確認しつつ、そのテーマについて考察したい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました