哲学

哲学 哲学
スポンサーリンク
哲学

解説【プロタゴラスとゴルギアスの哲学」を分かりやすくーソフィストの功罪とはー

【哲学史のまとめ第4弾】今回は「プロタゴラスとゴルギアスの哲学」を中心とした「ソフィスト」について。ソフィストの登場が「哲学史」に与えた影響は大きい。この記事では、そんな「ソフィストの功罪」と「ソフィストの思想」ついて分かりやすく解説をしていきたい。
哲学

解説・考察『不滅の哲学 池田晶子』(若松英輔)―言葉、救い、超越、自己―

ー”哲学”とは “考える”という営みに、後から与えられた名前に過ぎないー これが池田晶子の哲学観であり、彼女は意識的に「哲学」の特権みたいなものをはぎ取ろうした「文筆家」だった。この記事ではそんな池田晶子を論じた書『不滅の哲学 池田晶子』を参考に、池田晶子の哲学について考察をしていく。
哲学

解説・考察【デモクリトス】の哲学を分かりやすく ―天才の原子論―

【哲学史のまとめ第3弾】今回は「デモクリトス」の哲学。彼は古代ギリシアに現れた「異端児」であり「早すぎた天才」と言えるくらい、画期的な哲学を展開した。それは、ヘラクレイトスとパルメニデスの哲学をいい感じに吸収し、いい感じに昇華した哲学でもあった。記事ではデモクリトスの「哲学」と「人物像」、そしてデモクリトス「周辺の哲学者」について解説と考察をしていく。
哲学

解説・考察【ヘラクレイトスとパルメニデス】の哲学と人物像を分かりやすく!

【哲学史のまとめ第2弾】今回は「ヘラクレイトス」と「パルメニデス」の哲学。 両者の哲学には、これまでの哲学にはない「斬新さ」と「独自性」があり、後の哲学者たちに大きな影響を与えた。そんな2人について、その人物像や哲学について分かりやすく解説をしていきたい。
哲学

解説・考察【ミレトス学派とピタゴラスの哲学】を分かりやすく―哲学の始まり―

【哲学史のまとめ第1弾】 哲学の始まりは紀元前600年頃、タレスの「万物の根源は水である」から始まった。この記事では、そんな”哲学の始まり”として「ミレトス学派」と「ピタゴラス」の哲学について解説をしたい。
哲学

考察・解説【心とは何か】の哲学―ロボットは心を持てるのか?ー

「心って何? 心ってどこにあるの?」これは「心のハードプロブレム」と呼ばれていて、いまもなお世界中の科学者や哲学者を悩ませる「超難問」だ。この記事では「ロボットは心を持てるのか」を切り口に、「心」に関する哲学や議論を分かりやすく解説したい。
哲学

解説・考察「宗教とは何か」―宗教と哲学の違い、共通点を徹底解説―

「宗教とは何か」を知るうえで「哲学」との比較はとても有効だ。なぜなら両者の共通点や相違点を理解することで「宗教」の本質が見えてくるからだ。この記事では「宗教とは何か」を哲学的、言語学的なアプローチで徹底解説をする。
その他

「美しいとは何か」の哲学・心理学―なぜ美しいと感じるのかを解説―

長い歴史の中で、多くの哲学者や科学者が「美とは何か」を突き止めようと奮闘してきたわけだが、その答えは今もなお出ていない。「美」とは、それだけ難解な概念なのだ。この記事では、そんな「美」について書いてみようと思っている。
哲学

解説・考察・あらすじ『ヘヴン』ーニーチェ哲学「ニヒリズム」ー

『ヘヴン』は川上未映子の傑作長編小説で、宗教・倫理・哲学といった深いテーマを扱った作品だ。この記事では『ヘヴン』のテーマを考察しつつ、そこに見られる「ニーチェ」の哲学について解説する。
その他

解説『かわいい論』―「かわいいとは何か」の哲学、あるいは心理学―

日本人であれば誰もが口にする「かわいい」 その種類は様々で「おにかわ」「ぐうかわ」に始まり「キモかわ」「グロかわ」なるものまで存在している。「かわいい」とはいかななる感情なのか。四方田犬彦の『かわいい論』を参考に「かわいい」とは何かを考察してみたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました