文学・言葉

文学・言葉 文学・言葉
スポンサーリンク
文学

解説・考察『堕落論』の主題を分かりやすく―生きづらさを感じる全ての日本人へ―

敗戦後、混迷する日本人の前に現れた『堕落論』……これまでの「道徳観」を批判し、自明視されていた「制度」を解体し、日本人に「堕落」する必要性を説いた本書は、多くの日本人を奮い立たせた。この記事では戦後文学を代表するエッセイ『堕落論』について徹底解説をしていきたい。
文学

解説・考察『山月記』のテーマ・主題を完全網羅!―不条理を生きるための物語―

人生の不条理に戸惑ったり、苦しんだりしたことがある人は多いだろう。そんな人生の不条理について扱った有名な文学作品、それが『山月記』だ。この記事では『山月記』のテーマ「不条理」を中心に「自意識」「自嘲」「物語」について考えてみたい。
文学

あらすじ・解説・考察『旅する練習』(乗代雄介)―人生を全うすることー

『旅する練習』は乗代雄介による「ロードノベル」で、2021年の芥川賞候補作だ。選考委員からも「文学とは何かを追い求めた小説」と絶賛された。記事では本書の魅力について紹介し、その内容を徹底的に考察・解説をしていく。
哲学

解説・考察『ヘヴン』の哲学を徹底解明!ー不条理に立ち向かうためにー

『ヘヴン』は川上未映子の傑作長編小説で、宗教・倫理・哲学といった深いテーマを扱った作品だ。この記事では『ヘヴン』のテーマを考察しつつ、そこに見られる「ニーチェ」の哲学について解説する。
作家

「島崎藤村」人物・人生・代表作の解説 ―自然主義とは何かー

『破戒』で有名な島崎藤村。彼の人生は波乱に満ちている。家族の死、教え子のとの恋愛、姪との不倫……この記事では、そんな彼の人生と代表作を紹介しつつ「自然主義」とは何かについて解説をしたい。
文学・言葉

1960年代「芥川賞」おすすめ7選―女性作家の台頭―

芥川賞史上、1960年代というのは女性作家の台頭が著しく、またライトで軽妙な作品が増え始めた時代だといっていい。この記事では そんな1960年代から7つの作品を厳選して紹介したい。
文学・言葉

1950年代「芥川賞」おすすめ9選 ―戦後文学の全盛―

芥川賞史上、1950年代というのは ノーベル賞級の作家たちがしのぎを削った全盛の時代だといっていい。この記事では そんな1950年代から9つの作品を厳選して紹介したい。
宗教

感想・考察・書評『日本人にとってキリスト教とは何か』(若松英輔)―『深い河』より―

『深い河』は遠藤周作の「精神的自伝」とも呼べる作品だ。この作品を読み解くことで、日本人にとっての「キリスト教」や「宗教」「信仰」「死」などを理解することができる。この記事では、タイトルの書をたよりに「神」「自己」「悲しみ」「信仰」について、思うところを書いてみたい。
その他

解説『かわいい論』―「かわいいとは何か」の哲学、あるいは心理学―

日本人であれば誰もが口にする「かわいい」 その種類は様々で「おにかわ」「ぐうかわ」に始まり「キモかわ」「グロかわ」なるものまで存在している。「かわいい」とはいかななる感情なのか。四方田犬彦の『かわいい論』を参考に「かわいい」とは何かを考察してみたい。
文学

解説・考察・書評『ムーンライト・シャドウ(小説)』―愛する人と別れること―

『ムーンライト・シャドウ』は、吉本ばななの傑作短編小説だ。この小説には「愛する人と別れること」と「死者とともに生きていくこと」が悲しく、切なく、だけど美しく描かれている。この記事では「七夕現象」「うらら」「月明り」など、作品に関する考察と感想について記したい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました